ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの弾き比べ、聴き比べで決定的に欠けていること

よくYOUTUBEで聴き比べ、弾き比べの動画がアップさせていますが、いつも疑問に思うのはいったい、それらのピアノはどこまで丁寧に整調や整音がされているのか?ということです。

ピアノという楽器は、整調や整音で別物のように音色もタッチも変わりますので、弾き比べや聴き比べをする際には整調や整音が決め手になります。

他の楽器、分かりやすい例でいうと弦楽器や打楽器は、演奏者自らの腕や指で音色や響きを作っていきますが、ピアノは鍵盤を通じてリモートコントロールでしか打弦できません。

なのでいかに名ピアニストであれ、ピアノの性能に頼る部分が他の楽器に比べて大きいので、高名なピアニスト(高額ギャラ)の場合は、コンサートツアーには専属調律師が同伴しますが、こんなことはピアノ以外には考えられないことです。

ところで元貴乃花親方(元横綱)の長男の花田優一氏(23)が靴職人ということで物議を呼んでいますが、一人前の調律師になるには専門学校を卒業後、どんなに器用な人でも最低5、6年の基本的な修業期間が必要ですが、多くは新人にすぐに外回りで有料調律をさせるので、結果としてきちんとした基礎技術を持った調律師がほとんど育っていないのがピアノ業界の一番の問題です。

ピアノの調整がいかにデリケートなものか、調律師の戦いという簡単な動画を作成しましたので、ぜひご覧ください。




ピアノの調律とメンテナンス


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから



株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary