ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

メンテナンスはメーカー系列の調律師に依頼すべきか?

YOU TUBEでもご案内しています

ピアノの基本的なメカニズムは、スタインウェイやヨーロッパ製ピアノ、あるいはヤマハ、カワイ、中国製ピアノ、コンサートホールのピアノも皆同じですので、いかなるメーカーのピアノも作業内容は同じです。

ですからメンテナンスの手法は、いかなるメーカーのピアノであれ基本的な作業(整調、調律、整音)はほぼ同じ作業内容になりますので技術的には当たり前のこのことが当たり前のようにできる調律師であればOKなのです。

ただし、技術レベルもさることながらメンテナンスやピアノに対する意識レベルの高い調律師でないと満足度が低くなると思います。

私はよく家の掃除に例えてご説明しますが、私は掃除機をかけたら満足でそれ以上何をするの?という感覚ですが、うちの奥さんからみれば、それは掃除した内に入らないということになりますが、ピアノのメンテナンスも同様のことが言えるように思います。

ピアノのメンテナンスも私の掃除と同じで、ほとんどの調律師が調律したら終わりという感覚ですが、ピアノのメンテナンスは調律以外にやるべきことが山ほどあります。

日頃からピアノを弾いていると、必ず音色やタッチ等、何がしら気になるところが出てくると思いますが、メンテナンスの時にそれを調律師に伝えると、意識レベルの高い調律師なら丁寧に対応してもらえると思います。

ですから快適なピアノ生活を送るためには、メンテナンスに対する意識レベルの高い調律師、少なくとも演奏者よりも意識レベルの高い調律師でないと不満が出ると思います。

また今では大手メーカーの大半が委託調律師(歩合給)になっていますので、多くの件数を調律した方が歩合の率(調律師の取り分)が高くなので、どうしても調律だけで済ませて、1日の訪問件数を増やすようです。

音声でご案内しています


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

 無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取