ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

出荷調整を理解せずしてピアノの性能は語れない

それほど出荷調整はピアノの性能を大きく向上させるものですが、一通りやるだけでも3日間の作業時間が必要です。

いずれも地味で根気の要る作業ばかりです、ここでは代表的な作業を動画でご紹介していますがご覧頂くと調整の重要性と必要性が理解できます。

先ずは全ての土台である鍵盤調整から始めます

№1.鍵盤調整

鍵盤がスムースに動き、全ての鍵盤の高さと深さを均一にする作業で、これが全ての基礎になるので重要で作業時間は約8時間が必要です

 



№2キーフロントホール整調作業を56秒の動画でご紹介


 

 

№3棚板(ベティングスクリュー)の調整作業を55秒の動画でご紹介

 

 

№4 鍵盤傾き調整と高さ調整作業を59秒の動画でご紹介

 

 

№5 弦合わせ調整作業を57秒の動画でご紹介

 


№6サポート合わせ調整作業を56秒の動画でご初回

 


№7バックチェック合わせ調整作業を54秒でご紹介

 

 

№8 ジャック前後・高さ調整

ジャック前後調整作業を41秒の動画でご紹介

 



ジャック高さ調整作業を39秒の動画でご紹介

 



№9鍵盤の深さ調整

白鍵の深さ調整作業を48秒の動画でご紹介

 

 

黒鍵の深さ調整作業を51秒の動画でご紹介

 



№10 ハンマー接近調整作業を59秒の動画でご紹介


 



№11ハンマードロップ調整作業を42秒の動画でご紹介



№11打弦距離調整作業を58秒の動画でご紹介

 



№12ハンマーストップ調整作業を57秒の動画でご紹介


 



№13レペティションスプリング調整作業を59秒の動画でご紹介






№14ダンパー調整作業

ダンパーレバー・ブロック調整作業を57秒の動画でご紹介

 



ダンパーかかり調整作業を59秒の動画でご紹介

 



ダンパー総あげ調整作業を58秒の動画でご紹介

 



ダンパーストップレール調整作業を60秒の動画でご紹介

 


№15 調律作業を50秒の動画でご紹介

 



 №16ハンマー弦あたり調整作業を56秒の動画でご紹介

 



№17 ハンマー弾力調整(整音)作業を59秒の動画でご紹介



ピアノが持つ本来の性能を発揮させるためには、いかなるピアノであれ丁寧な調整が不可欠です。



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから

 
 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取