ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

お手頃価格のヨーロッパの老舗ブランド2選

数あるヨーロッパブランドですが、スタインウェイやファツィオリ、ペトロフ等の純粋なヨーロッパ製(全てヨーロッパで製作)は極少数派になり、今は、ヤマハ、カワイを含め多くの老舗のヨーロッパブランドも中国で多くを委託生産しています。

日本では純ヨーロッパ製のピアノは毎年値上がりして今ではかなり高価(1.5倍程度)になって買いづらくなっています、これは材料等の値上がりもありますが、海外の国民所得がここ20年で1.5倍~2倍になっているのに比べ、日本人の所得が30年前から増えていないから余計に高価に感じるのだと思います。

そこで何とか手頃な価格(本国製の三分の一程度)で購入できるヨーロッパブランドはないかと研究した結果、15年ほど前から中国№3のハイルーンで中国で委託生産されている(中国製の表示)フォイリッヒ(ドイツ)とウェンドル&ラング(オーストリア)の取り扱いを始めました。

ちなみに中国には30社以上のピアノメーカーがあると言われていますが、上位3社が№1はパールリバー(国策会社)№2(広州ヤマハ)№3ハイルーンとなっています。


ハイルーンのピアノ工場を察中の習金平さん

 

試しに弊社で丁寧に調整と整音を施すと比較的安価で魅力的なピアノに仕上がることわかりました。

弊社の出荷調整で音色・タッチ・表現力が大幅に向上します

これは従来のヨーロッパで製作される三分の一くらいの価格で購入でき、さらに日本のピアノにはない本場ヨーロッパブランドならではの魅力をもっています。

知っておきたい生産国表示の業界ルール





ピアノの生産国表示の業界ルールとは?

お薦めブランド フォイリッヒ

お薦めブランド ウェンドル&ラング

 

ピアノの性能(タッチ、音色、表現力)を大切にお考えの方に

大半のピアノに欠けている調整ですが、調整がピアノの性能にとっていかに大切なことか!資料で分かりやすく解説をしています。

無料進呈していますので、ぜひ、お申込み下さい。

資料の詳しい案内はこちらから

ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです

グランドピアノの3日間の出荷調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取
ピアノ聴き比べ