ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

調律師もピアノ愛好家が望ましい

ここで云うピアノ愛好家とは、特に音大等の専門教育を受けていない人が日常的に趣味でピアノを弾いている人のことです。

ピアノ愛好家の方の大きな特徴は、腕前を問わず多くの方が自己陶酔型なので、ご自身の出す音を良く聞いておられます。プロはどんなピアノでも弾きこなしますが、ピアノ愛好家の方はピアノの音色やタッチ感に敏感で、ピアノに対する細かい要求も多くなります。

なのでメンテナンスも、演奏者の細かい要求に技術的に応える必要があるので、調律師もピアノ愛好家の方の気持ちが良くわかる調律師が望ましいと、最近は特にその思いを強くしています。



ピアノの性能を大切にお考えの方に下記資料2点を無料進呈しています。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです








 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取