ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>お知らせ

出荷調整とは?

納品前に行う調整作業のことですが、この出荷調整でピアノの性能(タッチ、音色、表現力)が30%以上向上します

しかし一通り出荷調整を行うには3日間の作業時間が必要ですので、1千万円クラスの輸入高級ピアノを除けば99%のピアノの出荷調整が省かれて本来の性能を発揮していません

これを中古・新品、安価・高級、全てのピアノの出荷調整を店頭で行ってからお届けするのが弊社の特長です。

弊社の出荷調整作業を動画でご紹介しています

 

なぜ出荷調整が省かれているのか?

一通りの出荷調整を行うには新品でも3日間(中古品ならその倍)の作業時間が必要で、しかも作業場所の確保も困難で余分なコストがかかる。

業界関係者も調整の重要性が理解されておらず業界人でも出荷調整という言葉すら知らない人が多い。

性能を客観的に評価できる人が少なくブランドイメージだけでピアノを選ばれる人が多い。

なぜ新品ピアノにも出荷調整が必要なのか?

ピアノは内部に木とフェルトで構成された複雑なメカニズムを持っており、特に新品は部材の伸縮や歪みが大きく生じるので納品前に調律師の手で全ての摺合せ調整が必要です。

例えばハンマーシャンクが歪んでいるとスイートスポットを正確に打弦出来ず、鍵盤の高さと深さが均一でなければ弾き難く、アクションにメカニカルなロスがあると鍵盤からハンマーに力が正しく伝わらないので弾き難く表現力が劣りますので、一通りの調整と調律が完了してから、仕上げの整音で好みの音色に音色の粒も揃える必要があります。

出荷調整で同じピアノでも30%以上性能が向上する

動的メカニズムが部材の伸縮や歪みで大きく変動するので、いかなる高級ピアノであれ納品前に時間をかけてこの伸縮や歪みによるメカニズムのロスを調律師の手で一つひとつ修正して摺合せ調整を行って初めて本来の性能を発揮します。

試弾も丁寧に調整されたピアノでないとあまり意味がない

大半の展示ピアノも調整が省かれ本来の性能を発揮していないので、調整が省かれているピアノをいくら試弾しても参考程度にしかならずあまり意味がありません。

手前味噌になりますが、浜松ピアノ店では新品はもちろん安価な中古ピアノも丁寧に調整と整音を施して展示していますので、弊社でご試弾頂くと調整済のピアノ固有の弾き心地と音色に驚かれるのではと思います。

調整されたピアノでないと試弾の意味が半減します


ピアノの調律とメンテナンス


メーカーでも十分な出荷調整が行われていません

たとえば高級(高額)ピアノのスタインウェイですら、以前は日本に入荷してからスタインウェイジャパンで3日間の出荷調整をしてから展示や納品されたものですが今は5時間に制限されています。

ヤマハの掛川工場のグランドの出荷調整を現場の担当者から現状をお聞きするとCクラスで2時間半、プレミアムシリーズでも8時間だそうです。

調整不足は販売店で行う必要があるのですが入荷したものをそのまま納品して納入後も調律だけで終わっているので、価格やブランドイメージに期待するほどの性能を発揮していません。

ですから自宅にピアノが届きリラックスして弾いていて初めて音色の悪さや弾き難さに気がつき、どうもオカシイ、どうしても我慢ならないということでメールやお電話で弊社にご不満のご相談を毎月数件は頂きます。

しかし納品され一旦悪い癖がついてからでは、調律師が出向き3日間以上を要する出荷調整レベルの調整を行うのは現実には困難です。

購入してから悩む前に、弊社が無料進呈する資料(間違いだらけのピアノ選びの本とDVD)でそのあたりのことを具体的にわかり易く解説していますのでぜひご覧ください。

弊社では店頭で出荷調整を行い演奏者の好みに合わせたタッチや音色に仕上げてお届けしています。

浜松ピアノ店では遠方にお届けのピアノ(たとえば北海道や鹿児島県等)でも、一旦、倉庫から弊社の店頭に移動して調律師の空き時間を利用して出荷調整を行うので、3日間の作業が1週間ほどかかりますが、演奏者の好みのタッチと音色に仕上てからお届けしています。

お蔭で性能を大切にお考えの全国のピアノ愛好家の方からご支持を頂いています。

お客様の声

関西出張メンテナンス

個々のピアノが本来の性能を発揮するためには納品前の丁寧な調整が不可欠ですが、現実には99%のピアノの出荷調整が省かれています、下記の動画をぜひご覧ください。



弊社の店頭での出荷調整風景







無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

 

お知らせNews


不要・中古ピアノ買取