ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ日誌

出荷調整と納入調整の重要性

>弊社の出荷調整

弊社ではメーカーから入荷したピアノを納品前に店頭で開梱・組み立てして、全てのメカニズムの精度を上げていますが、これが出荷調整と呼ばれるものです。

それには移動・開梱・組立・再梱包のコストもかかり、約3日間の調整の作業時間も必要になりますが、これでピアノの性能(タッチ、音色、表現力等)が大きく向上します。

※出荷調整の作業料は販売価格に含むので別途料金は頂いてはいません。

店頭での出荷調整の風景(ペトロフグランドピアノP210)

  



なぜメーカーから出荷された新品ピアノをわざわざ調整する必要があるのか?


本来はメーカーが出荷調整をきちんと(3日間)やるべきですが、私の知る限り国産メーカーのグランドピアノで2時間半、プレミアムブランドも8時間といったところなので全く不足しています。

ちなみに天然素材が多い高級ピアノほど、新品時は初期の部材の動き(伸び縮み、歪み)が大きいので、性能(タッチや音色、響き、表現力)を重視するなら、これらを技術者の手で全ての部品の歪みを修正した上で摺合せ調整して最適化することが必要不可欠です。

しかし一千万クラスの一部の高級ピアノを除けば余分なコストと手間がかかる出荷調整が省かれていますが、丁寧な出荷調整の有無で同じピアノでも性能が全く違ってきます。

神戸に納品予定のディアパソンの店頭での納品前の出荷調整の作業風景

出荷調整が完了後、神戸から再度ご来店頂き、調整後のご試弾をいただき、ご意見をお聞きしました。

こうすることにより、最初から、より演奏者好みの音色やタッチに仕上げたピアノを納品することができます。

出荷調整完了後の再試弾風景


納入調整とは?

納入後の部屋の音響を考慮した上で、より演奏者の好みの音色やタッチ、響きに近づける作業です。作業内容は出荷調整と同じですが、全体的な微調整と部屋の響き(環境)を考慮しながら、演奏者の好みの音色、響きに合わせる作業で約半日の作業時間になります。

※ここまでが弊社の品代に含まれています

最後の仕上げである整音作業風景

ピアノも三つ子の魂百までも

「木が暴れる」という言葉がありますが、新品から3年位は部材(自然素材)に歪みや狂いが多いので各部品が最初から正しい位置で安定させると変な癖がつきません。

以降の定期のメンテナンスも同じ作業内容で約半日の作業時間になります、定期メンテナンスで同様の作業を繰り返すことにより、もう手放せないピアノになると思います。

定期のメンテナンスの作業風景


このようにピアノはひと手間、ふた手間の作業を加えることにより、同じピアノであっても、弾き易く表現力豊かで自分好みの気持ちが良いピアノになっていきますので、ピアノという楽器は、いわばイージーオーダーの楽器と云えます。
 
浜松ピアノ店でピアノを選ぶメリット




無料資料の詳しいご案内はこちらから 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


最近、ピアノの不調のご相談が増えました

ご自宅のピアノの不調を訴えて弊社にメールや電話でご相談が増えています。

ご相談内容は
きちんと定期調律をしているにも関わらず、鍵盤が重く弾き難い、雑音が止まらない、高音部の音が耳障り等のご不満で、その不満を調律師に伝え調律師の方が家まで来てくれたが、状況が一向に好転しないそうです。

メンテナンスは基本の鍵盤調整から

鍵盤調整とはすべての鍵盤がスムースに動き、鍵盤の高さと深さを一律にする作業
ですが、ここがきちんと調整されていないと、どんな名器も弾き難くなり、鍵盤の上に載っているアクションも正常に作動しません。



ご来店頂いた方には試しに家のピアノと同年代の弊社展示の中古ピアノをご試弾頂くと、皆さま、家のピアノと同年代のピアノなのに、何故、ここの展示のピアノはこんなに気持ちがいい音色とタッチなのかと一様に驚かれます。

そこで整調と調律・整音について詳しくご説明させて頂くと、例外なく、一度、家のピアノを見に来て下さい、というお話になります。

既にピアノをお使いの方も、これからの方も、是非ピアノという楽器の特性(厄介なところ)をご理解いただけたら幸いです。

下記の記事も併せてご参照下さい。

ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの選び方とその問題点

中古ピアノのメリット・デメリット



無料資料の詳しいご案内はこちらから 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノの寿命をどう考えるべきか?

最近は新品の販売がピーク時の1割以下になって、それに伴い中古ピアノも古いものが多くなったので古くなるとどんな問題が出てくるのか?が経験的にわかってきました。

人間の体と同様にピアノも古くなると消耗部品も含めて全てに固く縮小してきてそれが不具合の原因になります。

弦楽器と違いピアノはメカニズムが複雑で消耗部品の交換の手間も大変です。

弦を止めているピンが緩んできて調律不能になったり弦自体も経年劣化が進み切れ易くなるので交換の必要が出てきますし、同様にハンマーやフェルト類、クロス類の交換も必要になってきます。

さらに面積の広い響板にも隙間ができたり亀裂が出て雑音が止まらなくなったりししますが、弦楽器はそのまま埋木ができますが、ピアノの場合は弦とフレームを外してから埋木するので修理費用が大金になります。

もちろん古いピアノも修理やオーバーホールをすればいつまでも使用することができますが、下手をすると新品ピアノの品代以上の修理費用になります。

オーバーホールされて今も現役の1910年製のペトロフピアノ(京都芸術センター)



今はもうメーカーはなくなりましたが、お洒落な外装のドイツのシンメルピアノ(お客様宅にて)

弊社2Fピアノ教室兼レンタルルームにある1979年製ヤマハG2
ピンの保持力が劣化しピンブロックとワンサイズ大きなピン、そして弦を新しいものと交換中作業中です。
 


古いピアノも適切な時期に適切な部品交換やオーバーホールさえしてやれば、優に100年以上の使用が可能ですが、古いピアノを長く使おうと考えるとそれなりにコストがかかります。

そのような背景を中古ピアノを購入する人も知っておく必要があります

ピアノの寿命について



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取