ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ日誌

デジタルとアナログの違いは?

デジタルとアナログの違いの説明は難しいのですが、年賀状はワープロの方が綺麗で読みやすいのですが、下手な字でも手書きの年賀状は気持ちが伝わります。

ピアノは心を謳う楽器ですが、良く調整されたアコースティックピアノを上手い人が弾くと魅力的な音色や響きがしますし逆の場合は魅力的な音色になりません。

これが電子音源になると誰が弾いても電子楽器なりの良い音色になります、それで好いじゃないかと云われればそれまでですが。

高級なアコースティックピアノからサンプリングしたデジタル音源は、アコースティックの雑味まで取り除いていますので、その意味では生の音源より心地良いという方もおられます。

電子音源を使ったピアノはポピュラー・ジャズピアノにはある意味で適していると思いますが、クラシックピアノには適しているようには思えません。

アナログのはかり

デジタルのチューナー



ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


車もピアノもアジアからの逆輸入車が増えている

ピアノだけでなく日本車も東南アジアからの逆輸入が増えているようです


ピアノの国内市場は毎年減少しており今は中国が世界最大のピアノ市場です





中国のピアノ生産設備は最新のようです(ピアノ工場を視察する習金平さん)


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


人生の師、中村天風さん

日露戦争に諜報員として満州の野で死線をかいくぐり、奔馬性結核で死に魅入られ、東西の哲学者、宗教家を訪ねても得られなかった、人生の意味。失意の果てに旅先で偶然に会ったヒマラヤのヨガの聖者に導かれ、遂に得た、「積極的人生」の教え。幾多の人々を生き生きと活かした、哲人天風が説く感動の教え。

多くの著名人から支持され“天風哲学”として広く世間に認められるようになる。
1968年没、享年92歳

中村天風さんはなかなか面白い人のようです

 

今も日曜日の朝には岡山の護国神社の境内でお弟子さんが運動をされています









ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary