ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ日誌

調整を知らずしてピアノの性能は語れない №3調律と整音

調整が完了してから調律を行います。

調律

ハンマー弦あたり調整

これは3本の弦にハンマーが同時に当たるように調整する作業です
弦にハンマーを当てた状態で浮いている(弦にハンマーが当たっていない)所をチェック

指で弦を弾くと弦に正しくハンマーが当たっていないところは音が響き、ハンマーに密着しているところは響きません。

ハンマー弦あたり調整2 
ハンマーが弦に正しく当たっていないところ(弦が響く所)を削ります

 

整音 ハンマー弾力調整

 

整音 ハンマー弾力調整2

ハンマーの弾力を調整して好みの音色に音色の粒を揃えます



調整を知らずしてピアノの性能は語れない №1 鍵盤調整

調整を知らずしてピアノの性能は語れない №2 アクション・ダンパー

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから





株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


調整を知らずしてピアノの性能は語れない №2アクション・ダンパー

鍵盤調整が完了したら次はアクションとダンパーの調整になります

弦合わせ走り調整


サポート合わせ調整


サポート合わせ調整2


バックチェック合わせ調整


バックチェック合わせ調整2



ジャック前後・高さ調整


高さ調整2


ハンマー接近調整



ハンマー接近調整2


ハンマードロップ調整


ハンマードロップ交換2


打弦距離調整

打弦距離調整2


ハンマーストップ調整

ハンマーストップ調整2


レぺティションスプリング調整


レペティションスプリング調整2

ダンパー総上げ調整

ダンパー総上げ調整2


調整を知らずしてピアノの性能は語れない №1 鍵盤調整

調整を知らずしてピアノの性能は語れない №3 調律と整音


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。


無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


調整を知らずしてピアノの性能は語れない №1鍵盤調整

同じピアノでも調整されたピアノに比べ、調整が省かれたピアノは性能が最低でも30%ほど劣ります。

それほどに性能に影響がある調整ですが、現状は一部の高額な高級品を除けば大半のピアノは調整が省かれています。

何故、調整作業がなぜ省かれるのか?
それは手間(コスト)がかかり過ぎるからです。

どれほどの作業時間(コスト)がかかるか?
一通りの調整でも新品で3日間、中古品になるとその倍以上の作業時間が必要なので、これを金額計算すると新品でも20万円ほどかかります。

一千万円クラスのピアノ以外は調整が省かれています。
従来から一千万クラスは調整が行われていましたが、それ以外のピアノの調整は採算が合わないので大概は調整が省かれています。

弊社では性能を大切に考えて、新品は勿論、安価な中古ピアノでも丁寧な出荷調整を行っています。

作業工程が多いので三部に分けてご紹介します、№1は土台である鍵盤調整ですが、この作業だけで1日の作業時間が必要です。

鍵盤下の清掃


鍵盤下の清掃2


鍵盤キーホールの清掃


鍵盤バランス・フロントキーピン磨き


 鍵盤バランス・フロントキーピン磨き2


鍵盤バランスキーピン並び調整

鍵盤フロントキーピン傾き調整

鍵盤フロントホール調整


鍵盤フロントホール調整2


鍵盤バランスホール調整


 
鍵盤バランスホール調整2


鍵盤バランスホール調整3


棚板調整

 棚板調整2

鍵盤傾き調整

鍵盤高さ調整


鍵盤高さ調整

 鍵盤深さ調整


 
鍵盤深さ調整2

鍵盤関係の調整だけで新品でも1日の作業時間が必要です。 


調整を知らずしてピアノの性能は語れない №2 アクション・ダンパー

調整を知らずしてピアノの性能は語れない №3 調律と整音


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから


 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary