ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ日誌

今はモノからコトへの時代のようです

メディアによると時代は「モノ」から「コト」へと変わってきているそうで、物を購入するよりも体験する方に世の中の価値観が変わってきているそうです。

ピアノの場合もお子様の教育用のピアノが大半でしたが、最近の弊社の売り上げ分布では、大人が趣味でピアノを弾き、楽しむというお客様が確実に増えています。

そうなると従来のお手軽な国産ピアノより少し上質で個性的なピアノや、伝統的なヨーロッパ製のピアノが注目され、弊社ではそれらの売り上げが伸びています。


BENTLEY 1906年創業、イギリス製(ロンドン)マホガニー、象嵌入り
1997年に弊社が販売したピアノですが、お子様が弾かなくなったので弊社に戻ってきてこれから再調整をします。

昨日入荷したばかりのベントレーピアノ 素敵なピアノです。





今では純ヨーロッパ製はそれなりに高額になり生産台数も少ないのですが、製造工程もレトロと云いますか、まだ昔ながらの手作業の多い行程でのピアノ作りなので、国産ピアノにはない味を醸し出します。

チェコのペトロフ工場にて(グランドの外枠を製作中)筆者撮影
img_0229

チェコのペトロフ工場にて(グランドの支柱の製造工程)筆者撮影
p1050844-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

チェコのペトロフ工場にて(グランドの製造工程)筆者撮影
%e7%94%bb%e5%83%8f-049

チェコのペトロフ工場にて(グランドの製造工程)筆者撮影
%e7%94%bb%e5%83%8f-234

チェコのペトロフ工場にて(アップライトの製造工程)筆者撮影
p1050864

チェコのペトロフ工場にて(アップライトの製造工程)筆者撮影
1014-3%e6%9c%88%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%b3-096

知っておきたい生産国表示のルール

お薦めブランド ペトロフ

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


特に急ぐ場合はヨーロッパからピアノを空輸します

ヨーロッパからの輸入ピアノは普段は船便で輸入しますが、急ぎの場合は航空便で送ってもらうことがあります。これはペトロフP210 Storm(奥行き210㎝、重量410㎏)をチェコのプラハ空港から航空便で関西空港に送ってもらった時のものです。

プラハ観光で有名なカレル橋からプラハ城を望むショットです。

プラハ空港からアメリカに寄り道して約1週間で関西空港に到着
普段はやらないことなので、特別に厳重な梱包で到着しました。

箱の中は真空梱包でこんな感じです。

普段はダンボールで梱包されコンテナの船便で約1ヶ月半位で静岡の清水港に入ってきて、浜松の流通倉庫で受け取りします。


このサイズのコンテナですとアップライトだけなら15台ほど入りますので、ヨーロッパからの運送費でもアップライト1台1万円ほどです。

これが重さ410㎏、奥行き210㎝のグランドピアノ1台の航空便の運送費がおよそ30万円程(最近は値上げされている)になりますが、この場合は出荷の際の梱包が大変です。

倉庫内で組み立ててみました。


このピアノは現在、浜松ピアノの3Fに設置されているピアノですが、410㎏のピアノが飛行機でヨーロッパから運んで来られたと思うと自然に愛しさが湧きます。




 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 
  

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノの寿命は何年くらいと考えるか?

性能(音色や響き)や寿命に深い関わりを持つ響板

p1050843

結論から云えば、修理(リニューアル)をすれば何年でも使えますので、費用対効果で、買い替えた方が合理的か否か?となりますので、オーナーがどれだけの価値を見出すピアノ(愛着が持てるピアノか)かどうか?ということになります。

なので思い出深いピアノや今のピアノにはない上質のピアノ、高級ブランド品、ヨーロッパ製の輸入ピアノなどは、少々(国産の同型新品に近い)のお金をかけてもリニュアルしますので、本格的なリニューアルをすると寿命は優に100年以上ということになります。

ただリニューアル作業は、1台1台、手作業なので(手作りピアノ?)作業効率が悪く割高になりますが、せっかくなので上質の部品を使い丁寧に仕上げると、今の新品以上に魅力的なピアノになる可能性があります。

 一言にリニューアルと云っても予算の関係で、どこまでやるかというレベルがありますが、一応、消品を一通り替えるのがリニュールという概念ですが、同時に外装の修理や再塗装もあり、究極は響板やアクションも新品にそっくり交換することもあります。

代表的な消耗部品のハンマー

img_5290-640x480


消耗部品の弦

dscf5996

たくさんのフェルトやクロスが使われていていますが、これも消耗品です。

dscf5979


弊社でオーバーホールした1969年製ヤマハU1 ウォルナット艶消し猫足仕様
チューニングピアノと弦、ハンマー、フェルトとクロス類を交換、鍵盤張り替え
外装再塗装、再調整済、お値段は¥900.000-(税込)になります。






弊社でリニューアルした1965年製スタインウェイ C-227
(セミコンサートモデル)お客様宅にて

dsc_0045


詳しくは弊社HP、ピアノの寿命をご覧ください。
ピアノの寿命



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 
  

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取