ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

弊社独自の出荷調整で音色・タッチ・表現力が大幅に向上します

新品のピアノに、なぜわざわざ販売店で出荷調整が必要なのか?

新品ピアノはメーカーが完璧な出荷調整を行っているので、メーカーより技術の劣る販売店が今更出荷調整を行う必要はないと考える方が多いし実際にそのように説明されています。

メーカーの出荷調整は不具合のチェック程度です

しかし実際にメーカーが行う出荷調整は、簡単にいうと故障の有無をチェックする程度のものに過ぎず、これがそのまま届けられ納入後に調律だされ引き渡し完了となります。

ピアノのメカニズム部品は、必ず伸縮や歪みが起こるのでこれらを手作業で一つひとつ修正して丁寧な摺合せ調整をしないと本来の性能を発揮しません。つまり丁寧な出荷調整でタッチや音色、表現力が30%以上向上します。

しかし、これらの一通りの調整には手慣れた調律師でも3日間(24時間)の作業時間が必要ですが、ヤマハのメーカー工場での出荷調整はCクラスのグランドで2時間半の作業時間なので明らかに調整不足でライバルメーカーも同様です。

※中古品はそれ迄の癖をリセットする必要があるので1週間程度の作業時間が必要です。

弊社の26項目の出荷調整でタッチ、音色、表現力が大幅に向上します

  1. ネジの増し締め(AC・本体など)
  2. 鍵盤のバランスピン・フロントピン磨き
  3. 鍵盤バフがけ(鍵盤をピカピカに)
  4. 鍵盤調整(バランス・フロントホール調整)
  5. 棚板調整
  6. 鍵盤高さ(ならし)・間隔調整
  7. 弦合わせ(走り・ねじれ・間隔)
  8. サポート(ウィペン)合わせ
  9. バックチェック調整
  10. ジャック位置調整(前後・高さ)
  11. キャプスタン調整(前後・左右)
  12. 打弦距離調整
  13. 鍵盤深さ調整
  14. ハンマー接近調整
  15. ハンマードロップ調整
  16. ハンマーストップ調整
  17. レペティションスプリング調整
  18. ブライドルワイヤー調整
  19. ダンパーかかり調整
  20. ダンパー総上げ
  21. ダンパーストップレール調整
  22. ソステヌートロッド調整
  23. 各ペダルチェック(踏み込み量・遊びなど)
  24. 調律
  25. 整音
  26. 雑音・共鳴チェック(蝶番・ペダルなど)



弊社の出荷調整作業を一部を動画でご紹介していますのでご覧ください。


先ずは全ての土台である鍵盤調整から始めます

№1.鍵盤調整

鍵盤がスムースに動き、全ての鍵盤の高さと深さを均一にする作業で、これが全ての基礎になるので重要で作業時間は約8時間が必要です



№2キーフロントホール整調作業を56秒の動画でご紹介


 

 

№3棚板(ベティングスクリュー)の調整作業を55秒の動画でご紹介

 

 

№4 鍵盤傾き調整と高さ調整作業を59秒の動画でご紹介

 

 

№5 弦合わせ調整作業を57秒の動画でご紹介

 


№6サポート合わせ調整作業を56秒の動画でご初回

 


№7バックチェック合わせ調整作業を54秒でご紹介

 

 

№8 ジャック前後・高さ調整

ジャック前後調整作業を41秒の動画でご紹介

 



ジャック高さ調整作業を39秒の動画でご紹介

 



№9鍵盤の深さ調整

白鍵の深さ調整作業を48秒の動画でご紹介

 

 

黒鍵の深さ調整作業を51秒の動画でご紹介

 



№10 ハンマー接近調整作業を59秒の動画でご紹介


 



№11ハンマードロップ調整作業を42秒の動画でご紹介



№11打弦距離調整作業を58秒の動画でご紹介

 



№12ハンマーストップ調整作業を57秒の動画でご紹介


 



№13レペティションスプリング調整作業を59秒の動画でご紹介






№14ダンパー調整作業

ダンパーレバー・ブロック調整作業を57秒の動画でご紹介

 



ダンパーかかり調整作業を59秒の動画でご紹介

 



ダンパー総あげ調整作業を58秒の動画でご紹介

 



ダンパーストップレール調整作業を60秒の動画でご紹介

 


№15 調律作業を50秒の動画でご紹介

 



 №16ハンマー弦あたり調整作業を56秒の動画でご紹介

 



№17 ハンマー弾力調整(整音)作業を59秒の動画でご紹介



ピアノが持つ本来の性能を発揮させるためには、いかなるピアノであれ丁寧な調整が不可欠です。



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取