ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの鍵盤の重さについての考え方



ピアノの鍵盤は重さはダウン(何グラムで下がるか)とアップ(何グラムで上がるか)のバランンスの上に成り立っていますので、あまり重くすると鍵盤の戻りが遅くなるので弾き難いピアノになりますので、鍵盤の重さは大体50g位が標準で、多少の重め軽めはあってもどこのメーカーのピアノもほとんど似たような設計値になっています。

たとえば適切に調整されたスタインウェイの鍵盤の重さ(タッチ)はS-155~B211までは47gの重さで鍵盤が下がり、20gの重さで上がるように設計されており、セミコンとフルコンサートピアノは低音部が52g~高音部47gになっています。

鍵盤の重さ(ダウン)を測っている写真です。
img_5550


しかしメーカーの設計以上に鍵盤が重くなる大きな要因は、鍵盤周りのムービングパーツの擦り合わせ調整不良や汚れ、錆びてブレーキがかかった状態であったり、アクション等の調整不足でロスが大きく、本来の力で弾いてもピアノが十分に反応してくれないためです。

ピアノの定期メンテナンス風景、新品時から丁寧な鍵盤調整が必要です

十分な鍵盤調整やアクションの調整ができていないピアノは、メーカーに関わらず鍵盤が鍵盤が重く表現力が劣るピアノになります。

表現力のあるピアノとは、鍵盤を通じて演奏者の意図したように演奏できるピアノのことで、具体的にはピアニシモが綺麗に出せて、トリルも自由にでき、大きな音も力まずに出すことができるピアノですが、丁寧な調整の結果として初めて情緒豊かな演奏ができるピアノになります。

誤解のないように申し上げますと、これは中古品、安価、高級とは関係なく、いかなるピアノであれ丁寧な調整で表現力豊かなピアノになります。

特にまだ指の筋肉が十分に発達していないお子様がお使いになるピアノは、よく調整されたピアノが絶対条件になります。

また鍵盤が重いピアノ(調整ができていないピアノ)で無理して弾いていると最悪、指が腱鞘炎になることもあります、これを歯に例えると、先ず歯の矯正をしてから噛み合わせ調整をするとモノが良く噛めるとの似ています。

しかしながら今は高級ピアノを含め多くのピアノがコスト削減で新品時から鍵盤調整やメカニズムの調整が省かれています、これがタッチが重い(弾き難くレスポンスの悪いピアノ)原因です。

個々の調整作業を短く動画に編集していますのでご覧ください。
ピアノの本来の性能を発揮させるには丁寧な調整が必要不可欠です!



お子様にはどんなピアノを選んだら良いか


 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取