ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ日誌 / 植田 信五

ファースト、セカンド、サード・ラインという業界用語の意味

業界用語でファースト・ライン、セカンド・ライン、サード・ラインという言葉がありますが、これの意味は本国で全て製造されたものがファースト・ライン、他国で半分を委託生産、本国で最終仕上げしたものがセカンド・ライン、全て他国で委託生産されたものがサード・ラインという意味で使われます。

代表的なファーストライン
年産130台の最高級ピアノ イタリアのファツィオリピアノ

輸入元 港区のファツィオリジャパン

本来の意味での日本製、ドイツ製はファースト・ラインですが、今ではヤマハ、カワイをはじめヨーロッパの老舗ブランドも、その多くがセカンド・ラインかサード・ラインで製造されており、今ではファースト・ラインは一部の高級ブランドか高級品に限られます。

ファーストラインで今でも昔ながらレトロな製造
チェコの名門 ペトロフピアノ お客様撮影

!cid_80001244-4074-410C-AED6-A927D6E081A6

たとえばチェコのペトロフ社の場合は、ペトロフ以外のブランドを3っ持っており、ペトロフブランドがファースト・ライン、他のブランドは中国でセカンド・ラインかサード・ラインで生産されています。

スタインウェイ社の場合もファースト・ラインがスタインウェイ(ドイツまたはアメリカ)、サード・ラインがボストン(日本)、エセックス(中国)という風にブランドにより生産国が明確になっています。

ピアノの場合は最終組み立てをした国を生産国とする業界ルールがありますので、矛盾していますがセカンド・ラインまでが、日本製、ドイツ製等の表示がされています。

問題は多くのメーカーで同じブランドでファースト・ラインとセカンド・ラインから供給されるものが多いので、生産国表示だけではファースト・ラインかセカンド・ラインかの区別がつかないのが問題です。

ピアノのバック(支柱、響板、フレームに弦を張ったもの)や鍵盤を中国から輸入して、最終組み立てのみ日本でおこなっている日本製のピアノも今ではごく普通です。

サード・ラインのみが中国製、インドネシア製の表示になりますが、基本的にはセンカンド・ラインとサード・ラインには性能的に大きな違いはないので、サード・ラインでは生産国表示が中国やインドネシアになり、我々日本人にはやや抵抗感があります。

ですから最近はメードインヤマハという言葉も出来ていますが、これはどこの国で作られようがヤマハはヤマハなので生産国は気にするなと云う意味だと思います。

しかしながら、これを日本で丁寧に調整をしてやると、特にで魅力的なピアノに仕上がるものがあります

中国の場合は完成品を輸出すると政府から何らかの補助金が支給されるようですので、老舗のヨーロッパブランドでも本国生産の1/3程度で購入できます。

中国のハイルーン社で委託生産されるオーストリアの名門ウェンドル&ラングピアノ

中国のハイルーンで委託生産されるドイツの老舗ブランド フォイリッヒ


ちなみにハイルーン社は中国で№3の規模の会社で、主にヨーロッパメーカーの委託工場として有名ですが、№1は国営企業のパルーリバー、№2は杭州ヤマハとなっています。

日本で70万円台から購入でき、性能的にも魅力的なウェンド&ラング 
浜松ピアノ店 ショールームにて

IMG_0807

よくある質問
⑦知っておきたい生産国表示の業界ルール

お奨めブランド ウェンドル&ラング

お奨めブランド フォイリッヒ




無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


グランドとアップライトの仕組みと魅力の違いは?

アップライトのメリットはスペース効率が良い(場所を取らない)、製造コストがグランドの約半分で価格が安いの2点ですが、メカニズム的にはグランドの方が断然優れています。


アップライトの打弦までのメカニズム

グランドの打弦までのメカニズム


動画で簡単にご紹介しています。
       ↓
グランドピアノとアップライトピアノの違い


グランドピアノは弦や響板が水平で背が低いので演奏者に圧迫感がなく、演奏者にも譜面台周辺から直接音が明瞭に聞え、音も上下に抜け天屋根を開けることで聴衆者側に音を飛ばすこともできます。

逆にアップライトピアノは背が高い分演奏者に圧迫感があり、前面の演奏者側は蓋をした状態で音は後ろ(壁側)に抜けますので、出ている音のエネルギーはほぼ同じですが演奏者には音が籠って聞こえます。

これを評して体感的にギターとウクレレ位違うと評されたお客様もおられます

 

メカニズム的な違い

 アップライトの打弦までのメカニズム

グランドの打弦までのメカニズム


動画で簡単にご紹介しています。
       ↓
グランドピアノとアップライトピアノの違い


鍵盤の動きをハンマーに伝えるメカニズムが、アップライトピアノは鍵盤を一番下まで押し下げた状態から、元の高さ(10mm)まで鍵盤を上げないと2回目の音を出すことが出来ませんが、それに比べ、グランドピアノは鍵盤を押し下げた状態から半分位上げたところで2回目の音を出すことが出来ます。

結果として連打がアップライトピアノは1秒間に7回、グランドピアノは1秒間に14回連打が可能になります。これはグランドピアノにレペティションレバーシステムという機能が備わっているためです。

さらに、グランドピアノはダンパーペダル、ソフトペダルも自然に機能して、演奏者の細かいテクニカルな表現が可能です。

物理的な違いは概ね前述の通りですが、そのような価値観とは別に、ピアノを大切な一生ものの楽器として考え(良いピアノを所有する喜び)、自宅でさりげなく良い音色や響きでピアノ演奏を楽しみたいという向きには、良質の小型のアップライトピアノも一つの選択肢かも知れません。

弊社での最近の傾向は、手頃な価格のコンパクトグランドが人気です

150万円前後で入手できる、あまり場所を取らないコンパクトグランド(奥行150㎝~160㎝)が人気ですので、遊びがてらご試弾にご来店下さい。

弊社で丁寧に調整したコンパクトグランドをご試弾頂くとその軽快なタッチと魅力的な音色に驚かれると思います。

ウェンドル&ラング 奥行151㎝ ウォルナット 140万円(税別)弊社2F にて

フォイリッヒ 奥行162㎝ 144万円(税別) 弊社1Fにて


お奨めブランド ウェンドル&ラング

お奨めブランド フォイリッヒ




無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


中立音が美しいディアパソン独自の仕組みとは?

現在のピアノは、できるだけ弦の端から端まで鳴らしてきらびやかな響きを出すという考え方が主流ですが、これは確かにキラキラ感が出て魅力的なのですが、一歩間違えると耳障りな雑音も含んでおり、特に古くなるとそれが強くなる傾向があります。

現代の主流、ターン張りで弦の先まで響かせる(共鳴弦)
この部分を試しに爪で弾くとよく鳴ります、スタインウェイを始めヤマハ、カワイ、その他がこの方式です。

一般的な弦のUターン張りで弦の端まで良く鳴ります

スタインウェイ


ディアパソンの基本的な考え方は上記の考えとは異なり、大根や人参の端を切ってから料理するのと同じように弦の端の響きを抑制し、弦の中央部の美味しいところを中心に響かせるような設計になっています。

これがディアパソンの中立音が美しいという主張の仕組みで、弦も1本の弦をUターンさせるのではなく1本1本張った総1本張りで、それ故に弦の捻じれをなくして、さらに弦の端にフェルトを入れ敢えて響きを抑える仕組みになっています。 

但し現在のディアパソンは両タイプがありますので、お好みでお選びください。

総1本張りで弦の端にフェルト(赤)を入れて敢えて響きを抑える仕様 
DG-183 DG-183F




お薦めブランド ディアパソン




無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取