ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ日誌 / 植田 信五

メンテナンスについての考え方

弊社は店頭で丁寧に調整してから全国に納品させて頂いていますが(HPのお客様の声を参照下さい)、納入後のメンテナンスも同様に重要で、納入調整でも調律だけでなく調整や整音をセットで半日をかけて部屋の音響と演奏者の好みに合わせた調整と整音が必要です。

そのような観点から調律師やメンテナンスを見ると全国的にも筆者が考える調整や整音ができる調律師は極めて少なく、その意味で調律師選びは難しいので、四国、中国、山陰、関西地区は、原則として岡山の弊社から定期的にお邪魔しています。


関西出張メンテナンス


関東、中部、九州地区、その他の地域は筆者独自の人脈で、ご当地の筆者が考える調整と整音ができる調律師に委託するようにしています。

関東地区のメンテナンスを委託している都内在住の調律師





ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから



株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノは素材という考え方があります

高級有名ブランドは所有する喜びや満足というものもありますが、性能を重視して考えると、有名高級ブランドでなくても予算に応じてできるだけコストパフォーマンスの高いピアノを選び、それを丁寧な調整と整音を施し、最終的に自分好みの音色とタッチに仕上げる方が演奏者にとっては明らかに弾いて気持ちが良いピアノになるというのが筆者の持論です。

安心の高級有名ブランドを選んで購入されても、タッチが重くレスポンスが悪くて弾き難い、音色が期待したほどではない等でどうすれば良いか?優秀な調律師を紹介して欲しい等のご相談のメールやお電話を良く頂きますが、後から一度リセットして再調整するには相当な手間(コスト)がかかります。











ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


コストパフォーマンスが高いピアノか否か

予算があればスタインウェイ、そうでなければヤマハが安心という方が多いのですが、有名ブランド、あるいは高級シリーズほどブランド料が上乗された分、値段も割高になりコストパフォーマンスは悪くなるのが常であり、しかも、せっかくの高級ブランドも丁寧な調整なくしては期待した性能を発揮してくれないので宝の持ち腐れになります。





ピアノの基本設計はスタインウェイを含めてほぼ同じで、昔のように粗悪品というピアノはほとんどないので、どんなブランドを選んでも大きな失敗ということはないと思いますがコストパフォーマンスが高いピアノと低いピアノは存在します。

ところで安価な中古ピアノも後々の修理代等を考慮すると、必ずしもコストパフォーマンスが良いとは言えないピアノが多いように思います。

最近はヤマハもカワイも高級グランドシリーズに力を入れていますが、基本的な性能はあまり変わらず(製造コストも)、メーカーの出荷調整にかける時間の差(2時間半が8時間に延長)が性能差に出ているように思います。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取