ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ日誌 / 植田 信五

ピアノ部屋の適正な温度と湿度とは?

ピアノ部屋の適切な温度と湿度管理についてご質問を頂くことがあります

◎ピアノ部屋の室温について
  ピアノに適切な室温というのは、演奏者にとっての快適な室温が基準なので個人差がありますが、一般的には24°前後ではないでしょうか。

大切なことは可能な限り室温が一定ということで、調律の際もいつもの室温で調律しないと調律時と演奏時の室温が大きく異なると、温度変化で調律もすぐに狂います。

◎ピアノ部屋の湿度について
  一般的には50~60%の範囲内と考えらていますが、ピアノの響きを重視すれば少し乾燥気味の45%位が良いという説があります。

特に冬場は部屋が乾燥しますが、過乾燥が続くと大切な響板にひびが入ったり響棒が剥がれて雑音が発生したりします。こうなると修理費用が高額になります。

写真は1980年製の国産ピアノの響板ですが、すでに響板が割れて雑音が発生しています
小さな割れですが、きちんど修理するには響板の貼り換えが必要になります。



上と同じピアノですが、響板も剥がれかかっています
こうなると修理にはピアノ1台分ほどの費用がかかるので大概は廃棄処分になります


ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから






 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ストラディヴァリ国際弦楽器製作コンクールの番組を観て

ストラディヴァリ国際弦楽器製作コンクールはストラディヴァリが工房を持っていたイタリアのクレモナで行われる製作者のための楽器のコンクールですが、伝統的製造手法による手作りの弦楽器のコンクールということで興味深いものがありました。



ピアノの場合は楽器自体のコンクールはないのですが、あえて言えば国際ピアノコンクールで優勝者がどのメーカーのピアノを弾いて優勝したかで楽器の評価が上がることがありますがこのコンクールとは趣旨がかなり違います。

番組を観て興味深かったのは、弦楽器は150年位経過してから本来の性能が出るようですので、今の新しい楽器が150年経過すると、もしかするとストラディヴァリウスを超える名器が出てくるかも知れないということでした。

ところでヴァイオリンの音色は、一説では楽器自体の音色は1割で残りの9割は演奏者自体が作り出す音色だそうですが、ピアノの場合はもう少し複雑で、楽器自体の音色と調律師が作り出す音色、そして演奏者が作り出す音色になります。

ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから



 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


中古ピアノの響板の割れ、響棒の剥がれに注意!

弊社が下取りした1980年製の国産ピアノですが、丁寧に調整・調律・整音しても雑音を止まらないので、調べてみると響板に割れと響棒の剥がれが見つかりました。

このピアノは有名な中古ピアノ専門店で最近購入されたそうですが、弊社で買い替えのため下取りで頂いたピアノです。

響板の小さな割れから発生する雑音ですが、きちんと調整・調律・整音するとその雑音だけが目立ちます。

この雑音を修理するにはフレームと弦を外して響板を埋め木すれば治ります(修理が大変)が再発の可能性もあるので、長く安心して使用するには響板を丸ごと交換する必要があり大修理になります。

響板の割れ



響棒の剥がれ






このピアノは1980年製ですが、設置場所の湿度と温度変化で早期にこうなることもあるので部屋の湿度と温度管理が大切です。

ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary