ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ日誌 / 植田 信五

基本は鍵盤調整、ここから始める必要があります

調整の基本(土台)鍵盤調整   

鍵盤調整とは全ての鍵盤がスムースに動き、鍵盤の高さと深さを一律にする作業ですが、新品のピアノでもこの作業で弾き心地が大きく向上しますが、大概のピアノはコスト増のため省かれています。

鍵盤調整は手慣れた技術者でも1日(新品)の作業時間が必要です。


鍵盤バランスホールの調整


バランスキーホールの掃除


キーフロントホール整調



鍵盤バランスキーピンの調整


キーフロントホール整調作業の動画(56秒)



鍵盤傾き調整と高さ調整作業の動画(59秒)


白鍵の深さ調整作業の動画(48秒)

 

黒鍵の深さ調整作業の動画(51秒)


ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


人の意識は拡大します!

気になること(特定のこと)に意識を向けていると意識が拡大してきますが、思いあたることも多いかと思います。

ピアノも同じで、自分と相性の良いピアノを入手すると益々手放せないピアノになりますが、逆の場合はもう買い換えたいと思ってしまうようです。

先日も有名ブランドの姉妹品の新品グランドピアノを購入されて1ヶ月の方から、音色が我慢ならないので買い換えたいけど、お宅では下取りをいくらでしてもらえますか?というお問い合わせを頂きました。

購入前に試弾されたんではないですか?とお聞きしたら、試弾はしたけど店頭がうるさくて音色が良くわからなかったがブランドを信用して購入した、

家に届けられて弾いてみたら音色がどうにも我慢ができない、納入調律で改善するかと思ったけど変わらず我慢できないので買い換えたいとのことでした。

スタインウェイプロミスというのがあり、新品のスタインウェイを購入される場合は、そのピアノなら購入した価格で下取りしますというルールがありますよとお話しました。



ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから











 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


10億円のストラディヴァリウスVS200万円の国産ヴァイオリン

先日TVで観たヴァイオリン対決
10億円対200万円のヴァイオリンの聴き比べにビックリ



これほどの価格差に関わらず、性能(魅力)は多少の個性の違いはあるにしろ、ほとんど変わらないと云う審査員の話を聞いてびっくりしました。

この200万円のヴァイオリンは日本の井筒さんという職人さんが北海道産の木を使って製作したものだそうで、かつては演奏家から良からぬ中傷もされたこともあるようですが、今回の審査員からの評価を聞いて井筒さんが涙ぐんでいたのが印象的でした。

新品の井筒ヴァイオリンがこの評価ならば、後100年もすると、もしかするとストラディヴァリウスよりも魅力的なヴァイオリンになるのではと思いました。

ピアノは構造が複雑なのでヴァイオリンのように単純比較は難しい楽器ですが、ピアノも同様の企画があれば興味深い結果になると思います。

ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary