ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

アンティークピアノの魅力とは

普通の中古ピアノとは違い100年落ちのピアノをリニューアル したもの、いわゆるアンティーク(ビンテージ)と呼ばれるピ アノは、ノスタルジックな魅力があり、一部の愛好家に人気が あります。

弊社の講師もされており、上記のプレイエルを所有され ている田中先生にアンティークピアノの魅力についてお 聞きしてみました。

何で、こんなに古いピアノが好きなんですか?

曰く、今のピアノは工作機械が進化して緻密にできていて 良いのですが、ユニバーサルデザインというのか、個々のピア ノの個性が少なくなりました。 昔のピアノは民族固有の個性みたいなものがあり、ノス タルジックな魅力もあり、今のピアノとは違った魅力を 感じますとのことでした。

まあ、そう云われれば、そんなものかとも思いますが、長く なりますので、次回は問題点について取り上げます。


修復されたクララ・シューマン(シューマンの奥さん)が愛用したと云われる1877年製のグロトリアン・スタインヴェック

修復されたクララ・シューマン愛用の1877年製 のグロトリアン・スタインヴェック


 

松江市の指定有形文化財の建物に残されていた100 年以上前のチェコ製ピアノをよみがえらせ市民有志 が復活コンサートを目指されていますが、このピア ノはコッホ・ウンド・コルゼルト社(Kouch&Kore selt)製で、戦後、ペトロフ社 (Petrof)に合併吸収 されたそうです

島根県松江市  山陰中央新報の記事

 


京都芸術センターにあるリニューアルされた1910年製 のペトロフピアノ

7eea7f7a-s

このスタインウェイは、ピアノ1台で家が何軒も建つと 云われた頃?1920年代にハンブルグで制作されたK-13 2、最初はイギリスのマンチェスターで販売され、中古 品として日本に輸入、リニュアルして、弊社がが販売、 代が変わり弾く人がいないので、販売元の弊社が引き 取り再度、リニューアルしたものです。

リニューアルした1920年代のスタインウェイでアン ティークカフェでコンサート
9d673208-s



リニューアルされた1906年製プレイエル (フランス製でショパンが愛したピアノとして有名)
dsc_1269

 




無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取