ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ヤマハしか触っていない調律師はスタイウェイやボストンは難しいか?

ピアノ講師の方に聞いたら普段カワイ、ヤマハしかさわってない調律師さんではスタインウェイやボストンは難しい、逆に調律師さん(カワイ)に聞いたら、ピアノの構造は同じだから特別どうということはないという返答、実際どうなんでしょうか?というご質問をいただきました。

ブラックボックスがあるよう電子機器は別ですが、ピアノの基本構造は皆同じなのでピアノの調整・調律・整音という作業内容も同じになります。

問題はそこではなく、いかに基本に忠実に順番通り手を抜かず正確な作業するかと云う調律師の感性や情熱の違いが一番大きいように思います。

スタインウェイをモデルにして調整・調律・整音の作業を解説しています
作業内容はヤマハ、カワイや他のピアノと同じです。


ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取