ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>スタッフ紹介

浜松ピアノ店 スタッフ紹介私達が心がけていること・ミッション

個々のピアノが本来持っている性能を十分に発揮するために、納品前に十分な時間をかけて丁寧に調整(整調・調律・整音)することで、より弾き心地が良いピアノを提供することを使命とし、演奏の喜びと感動をお客様と共感することが我々の喜びです。

1台1台丁寧な調整を心がけています

スタインウェイ会D会員三木 淳嗣

ピアノ日誌ブログYouTube

福岡県田川郡出身
5人兄弟の3男、父親が書道家のため幼少より書道を習う。
7歳の頃、クラスメイトの女の子にオルガンを教えてもらったのがきっかけでピアノを習い始める。
学生時代はピアノを続けながら陸上、バレーボール部に所属。

ピアノ調律専門学校卒業後、2004年浜松ピアノ店へ入社、初めてピアノの奥深さを知る。

失敗を重ねながらもコツコツ努力してきたことが功を奏し、現在ピアノの出荷調整をはじめ、音色や弾き心地にこだわりを持つお客様のために、関西・中四国・山陰・九州へ特別メンテナンスを実施。調律だけでなく、ピアノが本来持っているポテンシャルを最大限に引き出すために必要な「整調・整音」の重要性を知ってもらうために精力的に取り組んでいるピアノ愛好家。Youtube配信もしています。

植田評

まだ若いですが、彼を見ていると、調律というものも、長年やれば上手くなるというものではなく、これも一種の才能ではないかと思わされます。

ピアノ大好き人間です!

調律師伊ヶ谷 量市

ピアノ日誌ブログ

東京都江戸川区出身 1989年生まれ 日本大学芸術学部音楽学科卒
血液型 O型 好きな物 コーヒー、甘いもの
趣味 ピアノ演奏 耳コピー ランニング

ピアノとの出会いは、私の人生を素晴らしいものに変えてくれました。そんな素晴らしいピアノとあなた様をつなぐお手伝いができれば幸せです。
職人の父の後ろ姿を見ているうちに、職人気質を受け継いでいるのか自然に調律師になっていました。
特にラフマニノフ、ブラームスが好きですが、日本人では妹尾武が好きで、皆様にお目にかかれるのが楽しみです。
---------------------
インスタグラムにて、”耳コピアニスト”と名乗らせて頂いてます。
ピアノ日誌にて、耳コピ演奏動画を配信しています。
宜しければご覧ください。

伊ヶ谷量市 インスタグラムアカウント↓

https://www.instagram.com/igaryo520/

伊ヶ谷量市 ピアノ演奏専用アカウント↓

https://www.instagram.com/ryo1indigoblue/

植田評

ピアノ愛好家のための弊社にピッタリの人材で、彼のピアノ演奏力もなかなかのものです。

嘱託調律師 浜松市在住山原 満弘

スタインウェイ会正会員

長くメーカーでピアノの製造に関わってきましたが数年前に退社しました。退社後は代表の植田さんと30年来の仲間ということもあり、現在は、調律の仕事をメインに、浜松ピアノ店さんの納品先で、主に関東、中部、関西の方の調律を担当しています。浜松市在住ですので、浜松ピアノさんのお客様の、浜松でのピアノ選定の立会いや、それらの出荷調整を担当しつつ、出張の便に関東、関西の若手調律師の技術指導もしています。

※関東、中部、関西は、山原氏が、ご自宅まで直接、納入調整にお伺いします(無料)

社長プロフィール紹介

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長植田 信五

ピアノ日誌ブログYouTube

経歴

1949年生まれ
高校時代は音楽部に所属、福岡大学商学部卒業、大手楽器メーカーに入社、卸部門に配属、当時有力特約店の浜松ピアノ店に新人研修を兼ねて1年間出向してピアノの小売りを一から勉強しました。

メーカー時代は阪急、高島屋、三越、そごう、大丸等の大手デパーや特約店を担当するも、当初の浜松ピアノ店社長から後継者として要望され、28歳の時に代表取締役として入社。

多くの失敗を重ねながらも、時代の追い風もあり順調に発展、その間音楽教育の研究やコンサートの企画等を経験しながら1986年に念願の自社ビルを建てました。

現在はビルの償却も終わりローコスト運営が可能になり、優秀な技術者(調律師)やスタッフにも恵まれスタッフ全員がピアノ愛好家で運営しています。

その結果として、1台1台を丁寧にきちんと調整して展示、出荷前には丁寧な出荷調整をしてから出荷・納品することが出来るようになりました。

ネットの時代になり全国のピアノの性能を大切にお考えの方からは、独自の丁寧な出荷調整(納品前の調整)やメンテナンスに高いご支持をいただき、今では全国にピアノを納品させて頂くようになりました。

今迄、一部の超高級ピアノでしか行われていなかった調整(整調・整音)の必要性と重要性をご理解いただき、合わせて今のピアノ業界が抱える矛盾と課題、それらを総合的な観点から見たピアノ選びの判断基準を皆様に知っていただきたいと思い、小冊子「ピアノよもやま話」や調律とメンテナンスのDVD等を制作して全国のピアノ愛好家に無料配布しています。

主な使命の一つが、全国のピアノ愛好家の皆様に、弾いて気持ちが良い音とタッチのピアノを愛用していただくために、ピアノという楽器の特殊性をご理解いただく啓蒙活動が、今の私のライフワークになっています。

都内白金台のペトロフ専用ショールーム、ピアノプレップでスザンヌ・ペトロフ社長さんと

左から越智氏、植田、アレック氏、フェケテ氏、東京都港区のファツィオリピアノ輸入元にて

ドイツ、レーニッシュの社長、Frank Katteinn氏とショールームにて

趣味など

最近は枯れてきたと云いますか、いわゆる煩悩が少なくなり(自己申告ですが)、時間があれば里山や山歩きと田舎の温泉巡りに精を出していますが、最近では歌も謳っています。


リレーコンサートにて「ラストダンスは私に」を歌いました!

久々に下の娘と岡山県北の毛無山の登山途中での渓流で

好きなものは小旅行と読書で、若い時と違い隠し事のないオープンな私生活を送っていると我ながら感心しています。娘二人は独立して、家族は妻と二人。

 

スタッフ紹介Staff