ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ日誌 / 三木 淳嗣

ペトロフP194で弾いてみました

「ひこうき雲」という曲を知っていますか?

この曲はユーミンこと松任谷由実(荒井由実)さんが1973年にリリースした曲で、当時荒井由実さんの小学校の同級生の子が、深刻な病によって高校1年の時に亡くなってしまいます。

荒井由実さんにとって、その出来事は忘れられない悲しみとなり、後にこの「ひこうき雲」の歌詞を生み出すきっかけになったそうです。
亡くなった友人を悼み、その命を一筋の雲になぞられて歌われています。

リリースから40年経った2013年には宮崎駿監督のジブリ映画「風立ちぬ」の主題歌にもなり、まさに時代を超える稀代名曲として、今でも多くの人に愛され続けています。

 

この曲を心を込めてペトロフP194で弾いてみました。

 

>>>おすすめブランドペトロフピアノ

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


フォイリッヒただいま調整中

新品FEURICH(フォイリッヒ)Mod.122 黒艶出し

先日入荷して昨日からようやく調整に取りかかり始めました。

 

 

まずは鍵盤のバランスホール(真ん中の穴の部分)がガタで鍵盤がカタカタ雑音がしていたので、ここから直します。

色々方法はありますが今回は蒸気をあてて木を膨張させ穴を小さくする方法を試みました。

 

 

使い終えたスチーム式の鍋ですが、鍵盤のクロスを貼り替えたりする時に使用します。

今回はこの鍋の水を注ぐ部分から蒸気を出して鍵盤の穴にピンポイントであてました。

 

 

結果として穴の反対側の赤いクロス(バランスブッシングクロス)も当然膨張したので、コテ(アイロン)をあてて圧縮しました。

このあとブッシングクロス(手前と真ん中88×2箇所)にテフロンパウダーを擦り込み鍵盤の動きを整える調整をしました。

これで半日かかりマイナスからのスタートとなりましたが仕方ありません。

 

 

今日は鍵盤の高さと深さの調整が終わったところです。

このピアノの他にあと4台調整が残っているので猫の手も借りたいくらい大忙しです。

岡山はまた朝晩が冷え込んできたので体長管理も気をつけねば。

 

 

>>>出荷調整とは

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ソステヌートペダルの疑問にお答えしました

以前YouTubeでソステヌートペダルについての仕組みや使い方について解説をしました。

まだ見てない方はこちらから↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

現在7万回以上再生されてとても反響がありました。

そんな中この動画のコメントでとてもありがたい質問が来ましたので、今回はその質問の答えを動画にしてみました。

 

 

 

 

>>>グランドピアノのメンテナンスの様子

>>>ピアノの性能を最大限発揮させるために必要なこととは

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取