ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

今、多くのピアノが中国で生産または委託生産されています

前回、日本やヨーロッパのピアノメーカー の主たる生産拠点が中国になっているというお話をしました。

生産国表示があてにならず、日本やヨーロッパのメーカーも概ね中国での生産ということであれば、特にご予算100万円以内のアップライトであればヤマハ、カワイにこだわらず、あえて同予算で購入できるヨーロッパの老舗ブランド(メーカー)が中国で委託生産しているピアノも検討されてはいかがでしょうか。


 
ヨーロッパの老舗ブランドが、本来のヨーロッパ工場で作られるものに比べて30%~40%のお値段で購入できるのが大きな魅力です。

日本ではある意味平凡なヤマハ、カワイに比べ希少価値があり、ヨーロッパ・ブランド特有のデザインや音色、響きを持ち、小型でも箱全体で鳴る豊かな響きが味わえますし、老舗ブランドならではのブランド価値もあります。







中国製と聞くと100均のイメージと粗悪品というイメージがありますが、斜陽産業で長く設備投資をしない日本の古いピアノ工場にで比べ、中国のピアノ工場は生産設備も最新なので、今ではかつての日本製以上の品質を持ったピアノに仕上がっています。

但し、中国には今では大小30以上のピアノメーカーがあり、しかも一流から五流くらいあるそうなので、高品質なのは上位メーカーだけの話かもしれませんが。

ちなみに№1はパールリバー(国営)№2が杭州ヤマハ(民営)№3がハイルーン(民営)、この№3のハールーンでヨーロッパメーカーが委託生産しています。

ところで今の日本のピアノメーカーでは既にベテランの技術者は引退し、若く優秀な技術者もほとんど育っていない(育てていない)のが現状なので、明らかに優秀な技術者が不足しています。

最近の日本の大手メーカーも同様ですが、中国はピアノ生産の歴史が短い分、まだまだ優秀な技術者が不足しているようですので、日本に輸入してから優秀な日本人技術者の手で丁寧に整調・整音するという条件を満たせば、価格以上の性能と魅力を持つピアノになると思います。

お薦めブランド ウェンドル&ラング

お薦めブランド フォイリッヒ
  
多くの方々がピアノを購入する際の選考基準に悩まれています。

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取