ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

調整の重要性を越智さんから学びました!

今でこそ調整、調整と盛んに云っていますが、実は私が調整の重要性を知ったのは20年ほど前で、当時スタインウェイの技術社員であり、今はファツィオリ・ジャパンの調律師の越智晃さんからです。

お薦めブランド ファツィオリ

以前、越智さんは毎年岡山のホールのスタインウェイの保守点検(2日間の調整)に来ており、ホールのピアノはコンサートごとに調律をしているのに、なぜ、調律とは別に2日間もかけて調整するのか?という疑問から始まりました。

ホールのピアノの調整をする越智晃氏


NHKの、もう一つのショパンコンクールで取り上げられた越智さん

そして別に高価なスタインウェイでなく、たとえ安価な中古品のアップライトでも丁寧な調整が必要だとわかり、以来、安価な中古ピアノでもスタインウェイ同様の出荷調整をするようになり、お蔭で弊社の調律師も日々の調律の仕事のなかで丁寧な調整を行うようになり、今では若い調律師でも精密調整ができるようになりました。

しかし調整は言葉で云うのは簡単ですが、新品のピアノで一通りの調整を行うには、手慣れた技術者でも3日の作業時間必要です。もちろん中古ピアノならその倍の作業時間が必要になりそれなりのコストがかかります。

調整をしなくても故障する訳ではないのですが、タッチが重い軽い、弾き難い、音色や響き、表現力が劣るというのは丁寧な調整で解決します。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary