ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

小学校低学年でもピアノの性能を評価できる

ピアノの性能を正確に評価できる人は大人でも少ないのですが、コンクルールに出ようかというお子様の中には小学校の低学年でも性能や特性をはっきりと評価できるお子さんがおられます。
そのようなお子様の場合は、お子様が自分で好きなピアノを選んでくれので販売も楽です。

志のあるピアノ ディアパソン D-164R 

逆に大人でも頭で考え過ぎて、たくさんの店を回っていろいろなピアノを試弾しても、店によって薦めるブランドが違い説明も違うので、そのうち訳がわからなくなる方もおられます。





 
無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ブランドだけでピアノを選んでいませんか?

ピアノは、調整と整音次第で同じブランドの同じピアノでも、弾いた時の音色や響き、弾き心地の印象が随分変わる楽器ですが、このあたりがあまり理解されていないように思います。

有名ブランド、或いはプレミアムシリーズだから高級、最適と単純にはいかないのがピアノという楽器です。


たとえば結婚を機にスタインウェイを購入すると決められて、あちこちのスタインウェイを試弾して回ったが1台も自分好みのスタインウェイがなかったということで、遠路、弊社に試弾に来られた方がおられました。



案の定、弊社のスタインウェイも好みではなかったようなので、お好みを詳しくお聞きしてから、お好みのスタインウェイに音色や響きを仕上てから再度、試弾して頂くと、やっと探していたスタインウェイに巡り合えたということで購入いただいたことがあります。

スタインウェイに限らず、自分の好みがあればそれを調律師に詳しく伝えて、自分好みに仕上れば仮に安価なピアノでも満足度は非常に高いと思います。



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノの独自固有の長所(魅力)について

物が豊富な現代は、個人も会社も商品も独自固有の長所(魅力)が問われる時代ですが、一言で長所(魅力)といっても人の価値観は様々なので一概には言えませんが、ピアノ選びも自分の価値観に合ったピアノが最適です。

ピアノは既製品でありブランドによる音色やデザインの個性(魅力)がありますが、調整や整音次第でタッチも音色も大きく変わる楽器です。

いくら高額な有名ブランドでも万人が好むピアノといものは存在しないので、最終的にタッチや音色も演奏者の好みに仕上てこそ、真に満足のいくピアノになります。

浜松ピアノ店の独自固有の魅力は?

店頭で丁寧な出荷調整をしてから全国にお届けするのが浜松ピアノ店の最大の特長です


元ニューヨークスタインウェイのチーフチューナーのフランツ・モア氏は、彼の著書の中で、スタインウェイをホロヴィッツの好みに仕上げるのに相当苦労したと述懐されています。

※フランツ・モア氏
調律の神様といわれホロビッツ、ルービンシュタイン、グレングールド等の調律を手がける


フランツ・モア氏と筆者



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから







株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取