ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

日本製とヨーロッパ製ピアノの魅力の違いは?

ヤマハ、カワイではなくヨーロッパ製、或いはヨーロッパブランドを選ぶ理由は?

純ヨーロッパ製のピアノ




なぜ馴染みのあるヤマハ・カワイを選ばず、それらより少し高額なヨーロッパ製ピアノを選ぶ必要があるのか?ということですが、それは楽器としての魅力や特性が両者で異なるからです。

国産ピアノはたくさんの販売実績があり安心ですし、メードインジャパンのイメージ通り、きちんと作られているので安心というところが最大の魅力ですが、欠点は残念ながら相対的に楽器としての魅力に乏しいというところにあります。

これを言葉でご説明するのは難しいのですが、文字に例えると国産ピアノはワープロで書いた文字で、ヨーロッパ製のピアノは手書きの文字とも云えます。

たとえば商業通信文はワープロで書いた方が合理的であり、読みやすくて良いのですが、年賀状は手書きの文字の方が、味があり心が伝わります。 イメージとしてはこんな感じです。

国産ピアノも音色の良いものは存在しますし、その音色も最終整音でかなり自分好みに仕上げることができます。 しかし決定的に違うのが響きです。

国産ピアノは音が響かず早く減衰して行きますが、ヨーロッパ製は、音色の好みは別にして、ほぼ例外なく音が良く伸びます。

身近な例で云うとお風呂のなかで歌を謳うと自分の声が良く響き、謳って気持ちが良いのと似ています。

なぜこのような違いがあるのか?ということですが、これは製造工程や手間のかけ方も違いますが、基本的に楽器に対する考え方(哲学)の違いのようで、たとえば最近のカワイのピアノは合理的な考え方から、内部のアクションに木の替わりにカーボンファイバーを含ませた新素材を使っており、それを隠すことなく積極的にPRしています。

カーボン素材は木より軽く鉄よりも堅く、人工素材故に工場で均一な部品製作が可能で非常に合理的なのですが、堅いが故に木のようなしなりがないので弾き心地に違和感があります。

クラシックな楽器を愛する者にとっては不自然で違和感がありますが、何を大切に考えるかという楽器作りに対する価値観(哲学)の違いのように思います。

もう一つの選択肢
純粋なヨーロッパ製は値段が高額になってきていますが、今は老舗のヨーロッパブランドが中国で委託生産しているピアノがあります。委託生産で本来のヨーッロッパメイドの比べて三分の一位の価格で日本で購入できます。

そのままだとあまり魅力的ではないのですが、これを弊社で丁寧に調整と整音をすると見違えるように魅力的なピアノに変身します。一度弊社で調整されたピアノをご試弾頂くと体感頂けます。


 
知っておきたい生産国表示の業界ルール

お薦めブランド


 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノの生産国表示のルール

中国でピアノを作るのは中国が世界最大のピアノ市場であり、他国からピアノ輸出すると35%の関税が取られ、逆に日本が輸入する場合は関税はゼロです。

 

先進国では既にピアノの需要は少なく、今は中国が世界最大のピアノ市場になっています。

日欧米でピアノを製造して中国へ輸出すると35%の高額な関税等がかかるので(日本へのピアノ輸入は関税がゼロ)、最大市場である中国でピアノを販売するために、日欧米のメーカーは中国に工場を持つか、中国で委託生産する必要があります。


20160906132250

なので日欧米のメーカーも中国工場か中国メーカーで委託生産したピアノの大半を中国国内で販売し、残り?を関税のかからない日本や欧米に輸出しているのが実情です。

ですから本来の日本製、ドイツ製、ヨーロッパ製と呼べるピアノはかなり少数です。

ピアノの生産国表示のルール

ピアノの場合は最終工程を施した国が生産国とされていますので、極端に解釈すれば、本体とペダルを別々に部材として輸入して、日本でぺダルを取り付ければ日本製の表示が可能になります。


よくある質問



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノの音響についての配慮

ピアノ等の生楽器は快適な部屋の音響が非常に重要ですが、その割にあまり注目されないのが部屋の音響です。

防音と快適な音響を施したマンション、上部の天井を高く取り、音圧のために壁には拡散パネルが設置されています。都内南麻布にて






弊社が管理しているホールの反響板 

浜松ピアノ店の3Fホール 良く響きます


内部に複雑なメカニズムを持つピアノは丁寧な整調・調律・整音が必要不可欠ですが、空調管理(温度・湿度)や防音も考慮が必要です。

なかでもあまり配慮されていないのが音響です。


音響の失敗例
過去に弊社がピアノを納入したある多目的ホールでは音響対策まで予算がないということでそのままオープンしました。

さっそくピアノとのフルートのアンサンブルを試みたところ、相手の音が聞こえず、急遽、簡易型の反響板を購入しましたが、設置に手間がかかる上、見た目も不細工でした。


もう一つの失敗例
都内の品川のマンションで防音工事を完了されてから、3世代でお使いになるということでグランドピアノをご購入いただきましたが、全然、歌声が響かないそうで、やむなく音響を考慮した防音の再工事になりました。

防音と音響の専門家 テクニカル・サウンドの工場で中辻社長(右)と筆者







防音・音響対策を詳しく勉強されたい方は下記のHPで解説しています。
テクニカル・サウンド

ピアノの防音対策

 ピアノの調律とメンテナンス


 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取