ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

№3、最後に調律と整音で完了します

メカニカルな部分の調整を終えたので最後は調律と整音で仕上がります

調律

 

 

 

ハンマーが弦を正しく打弦するようにしてから最適な音色に仕上げていきます

 

 


これで調整・調律・整音が完了しました。

№1、全ての調整の土台、鍵盤調整


№2、アクションとダンパーの調整


無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


№2、アクションとダンパーの調整

調整の順番も重要で、鍵盤調整が完了してから初めてアクションとダンパーの調整に入ります

 

 

ハンマーの間隔や動きを揃え、ハンマーが弦の最適な位置に当たるように調整するのが弦合わせ調整です。

 

ハンマー走り調整

 

弦合わせ調整

 

次はハンマーと鍵盤の奥にある黄色い部品(バックチェック)の噛み合わせの調整です。

バックチェック合わせ調整


続いて、ハンマーを支える棒(シャンク)の下にあるサポートという部品が真下にくるように調整するサポート合わせ調整です。

これは野球のバットやテニスのラケットの芯(中心)にあてることで、少ない力で無駄なく飛ばすようなもので、サポートの左右のズレを修正しハンマーの真下に持ってくることで鍵盤からのパワーをもれなくハンマーに伝えることができます。


サポート合わせ調整



ジャック調整の前後と高さの調整です。

このジャックはハンマーを操作するとても重要な役割をしてくれます。
演奏時に連打する上で欠かせないのがこのジャック調整。
これがきちんと調整できてないと、連打が入るのもあれば入らないのもあったりと・・・不揃いは弾く上でストレスになりますよね。

ジャック前後調整



ジャック高さ調整

白鍵深さ調整

ハンマー接近調整

ハンマードロップ調整



打弦距離調整


 

ハンマーストップ調整



レペティションスプリング調整



ダンパーレバー調整



ダンパーかかり調整

 

ダンパー総上げ調整





ソステヌート確認

 

ダンパーペダル遊び・踏み込み量の調整





ダンパーストップレール調整





シフトストップネジ調整



№3、最後に調律と整音で完了します

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


グランドピアノを人力担ぎ上げ

 

こちらのピアノは香川県に納品したペトロフの奥行き210cm

とても豪華ですが、なんとご家庭のピアノです。

設置場所が中二階の踊り場ですが、窓からの搬入が困難なことから、玄関から搬入し柵を外して10人くらいで担ぎ上げて設置されました。
当時の運送屋も大変だったと思いますが、そのお陰でこのような素敵な場所で快適にピアノが弾けているようです。

メンテナンスの様子と最後に親子演奏もありますのでご覧ください。

 


 

 

 

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取