ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

№2調整してからご試弾頂くのが大きな特徴です

新品ピアノでも調整と整音が省かれたピアノは、本来の性能を発揮しないので試弾の意味がありません。

ちなみに出荷調整(納品前の調整)も同じ作業内容になります。


展示用ディアパソンの調整の続き弦合わせ調整をしています。

 

 

ハンマーの間隔や動きを揃え、ハンマーが弦の最適な位置に当たるように調整するのが弦合わせ調整です。

 

ハンマー走り調整

 

弦合わせ調整

 

次はハンマーと鍵盤の奥にある黄色い部品(バックチェック)の噛み合わせの調整です。

バックチェック合わせ調整


続いて、ハンマーを支える棒(シャンク)の下にあるサポートという部品が真下にくるように調整するサポート合わせ調整です。

これは野球のバットやテニスのラケットの芯(中心)にあてることで、少ない力で無駄なく飛ばすようなもので、サポートの左右のズレを修正しハンマーの真下に持ってくることで鍵盤からのパワーをもれなくハンマーに伝えることができます。


サポート合わせ調整


№3、ジャック調整の前後と高さの調整に続きます


まだまだやるべきことがたくさんありますが、少しずつの作業なので調整が完成するまでご試弾はできません。

>>>お薦めブランド ディアパソン

>>>ピアノの出荷調整の必要性


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


白鍵を貼り替えました

 

 

ヤマハの中古アップライトの調整作業をしていたら鍵盤のひび割れを発見しました。

なぜこんな所が割れるのでしょうか?

これはケミカルクラックといってプラスチックや樹脂が薬品に反応して劣化する現象です。おそらくアルコール系の液体等で鍵盤を拭いていたのかもしれません。

このような鍵盤を直すにはもう貼り替えるしか方法はありません。

 

というわけで白鍵を貼り替えてみました。

 

 

鍵盤が割れて段差ができてくると指を怪我するので、もしお困りでしたら調律師にご相談してみてください。

 

>>>鍵盤が割れる原因

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


№1調整してからご試弾頂くのが大きな特徴です

浜松ピアノ店では店頭でご試弾頂く前にピアノを丁寧に調整してからご試弾頂くのが大きな特徴ですが、良く調整されたピアノを試弾しないと本来の試弾の意味がないからです。

新品ピアノに丁寧な調整は必要なのか?という疑問を持たれる方も多いと思いますがご覧いただくと調整の重要性と必要性がご理解頂けると思います。

ちなみに出荷調整(納品前の調整)も同じ作業内容になります。

 

長くなりますがこの調整シーンを№1から順を追ってご案内します。

今回、調整するピアノは展示用の新品のディアパソンのグランドピアノです。

 


本体からアクションを引き出し、まずは鍵盤の調整です。

 

 

鍵盤のバランスキーピンの並びを揃えます。

 

 

 

定規をあてると、こんなにも上下に凸凹です。

 

 

 

 

これできれいに並びました。
88鍵の部品の位置と動きの条件を同じにするために行なっています。

 

 

 

次は鍵盤下の掃除とキーピン磨きをして、手前側にあるフロントキーピンの向きを揃えています。



 

 

 

 

鍵盤を取り付けて、フロントホールの遊びの調整です。

このように鍵盤の先を持ち、左右に振ると遊びが最低1mmあるかチェックします。

 

 

このような赤いクロスを圧縮して広げます。

 

フロントキーホールの調整動画です。

 

 

次はバランス(真ん中)ホールの調整をしてからアクションを取り付けて、次は鍵盤の高さの調整です。

 

 

鍵盤高さの調整動画です。

 

次は№2アクションの弦合わせ調整をします。


>>お薦めブランド ディアパソン

>>ピアノの調律とは

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary