ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノの選び方とその問題点>おすすめブランド>FEURICH

FEURICH

フォイリッヒ

ドイツ


ドイツの老舗ブランドが
70万円台から購入できるフォイリッヒピアノ
>お客様の声

ドイツの老舗ブランドですが、今は中国で委託生産しているお蔭で、アップライトの木目が70万円台、グランドで150万円から購入でき、箱全体で鳴るヨーロッパトーンを奏でる老舗のドイツブランドが、国産の低価格帯ピアノ並みの価格で味わえるという意味でとても魅力的です。


FEURICH Mod. 115 Premiere - Product Video Official


FEURICH Mod. 122 Universal - Product Video Official


FEURICH Mod. 218 - Concert - Product Video Official

国産ピアノのご予算でお考えの方もフォイリッヒピアノをご検討下さい。

フォイリッヒはドイツの老舗ブランドですが、今は中国で委託生産しているお蔭で、アップライトの木目が70万円台、グランドで150万円から購入でき、箱全体で鳴るヨーロッパトーンを奏でる老舗のドイツブランドが、国産の低価格帯ピアノ並みの価格で味わえるという意味でとても魅力的です。

1851年創業のドイツの老舗メーカーのフォイリッヒ(FEURICH、現在はオーストリア、ウィーンが本社)が、2003年から中国の大手メーカーで委託生産しているピアノです。

歴史あるドイツブランド独自の風合いと、箱全体で鳴るヨーロッパのピアノ特有の音色や響きが、国産ピアノの低価格帯並み(本来のドイツ製の1/3程度)という価格で味わうことができるのが魅力です。

低価格で魅力的な訳は?

グローバル時代の現代は、日本のヤマハ、カワイはもちろん、ヨーロッパのメーカーも主たる生産拠点を中国やインドネシアに移してきていますので、既に生産国表示は本来の意味がなくなっています。

生産国表示の意味

しかし日本では中国のピアノ生産事情はあまり知られず、一言で中国製と片づけられることが多いのですが、実は同じ中国製でも1流から5流、40社ほどのメーカーが存在します。

中国の№1生産規模は国営企業のパールリバー、№2が民営企業の杭州ヤマハ、続いてフォイリッヒを生産しているハイルーン(中国名 海倫楽器)は、中国では№3の民営のピアノメーカーです。

中国で3番手の生産規模を誇るハイルーンというメーカーですが、その最大の特徴はヨーロッパ本国の生産ラインを踏襲した生産工程に対応することです。そのため今では日本でも馴染みのあるヨーロッパのメーカーの生産拠点なっているメーカーです。

もちろん2番手の杭州ヤマハも日本の工場と同じ生産設備を日本から持ち込んで、日本と同じような工程で生産されています。

ですからこの工場では、多くのヨーロッパのメーカーからオーダーされた個々のメーカー独自のバック(支柱・響板・フレームに弦を張った状態のもの)を生産しています。

このようして中国のハイルーンでピアノの主要部材であるバックを作り、残りの工程、つまり外装と最終組み立てをヨーロッパで行い、多くはドイツ製ピアノとして日本でも高額で販売されています。

この最終工程までをこのハイルーンで行なったピアノ(中国製)が、老舗のドイツブランドのフォイリッヒ(FEURICH)というピアノですが、そのお蔭でお値段の方も本来の純ドイツ製に比べて1/3程度という格安な価格になっています。

知っておきたい生産国表示の業界ルール

問題点は?

今の日本製ピアノも前述のように手法が似ているので同様の問題(内部の作りが荒くなった)を抱えていますが、フォイリッヒは響板やボディー全体は良質の素材が使われていて本質的には良いピアノですが、目の肥えた日本人からみると残念ながら鍵盤、アクション等のムービングパーツの組立精度がやや甘いのです。

これを弊社独自に時間をかけて丁寧な調整(整調・調律・整音)を施すようにしましたので、メードインチャイナ&ジャパンフィニッシュという感じですが、元々が良いピアノなので他のピアノ以上に調整の効果が大きく、これが安価で高性能(音色、タッチ、響き等)なピアノを購入できる理由です。

中国で委託生産とは云えFEURICHという老舗のドイツブランドが、アップライトピアノの木目の高さ122cmで約79万円から、グランドピアノ奥行き161cmで150万円からと、本来のドイツ国内で作る1/3程度の価格で購入できるので、これより高い価格帯の国産ピアノと比較しても、ヨーロッパの伝統的なブランド力もあり、価格以上の性能と魅力を持ったピアノかと思います。

丁寧な調整とは?


FEURICH Mod 122 の演奏


FEURICH Mod 161 の演奏


フォイリッヒmod 179のご紹介

FEURICH PIANO 価格表

2020年4月現在の税別本体価格です。
※価格は為替変動・メーカー事情等で予告なく変更されることがありますのでご了承下さい。

Upright Piano
モデル仕上げ本体価格
Mod.115-Premiereブラック艶出しBlack Polish Silver Metal¥620,000
Mod.122-Universalブラック艶出しBlack Polish Silver Metal¥680,000
Grand Piano
モデル仕上げ本体価格
162 Dynamic ⅰブラック艶出しBlack Polish¥1,440,000
179 Dynamic Ⅱブラック艶出しBlack Polish¥1,780,000
218 Concert Ⅰブラック艶出しBlack Polish¥3,000,000

カタログご希望の方は下記の無料資料請求からお申込み下さい。

資料とカタログに添えて下記のメーカー別の独自の詳しい解説書も同封いたします。

【 メーカー別の詳しい解説書 】

スタインウェイ
全15ページ

ファツィオリ
全8ページ

ペトロフ
全23ページ

ディアパソン
全12ページ

レーニッシュ
全4ページ

フォイリッヒ
全6ページ

ウェンドル&ラング
全4ページ

無料資料請求もっと詳しく知りたい方へ

ピアノ選びで後悔しないために

特にピアノのタッチ、音色、表現力等の性能を大切にお考えの方を対象に、オリジナルの参考資料、冊子とCD、DVDの3点を無料進呈します。

詳しくは

相性の良いピアノとの出会いのためにChoosing a piano

Step1ピアノの選び方とその問題点 Step2当店でピアノを選ぶメリット Step3おすすめブランド Step4中古ピアノのメリット・デメリット Step5ピアノの寿命 Step6ピアノの防音対策 Step7よくあるご質問

不要・中古ピアノ買取