ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノの選び方とその問題点>おすすめブランド>DIAPASON

DIAPASON

ディアパソン

日本


極少量生産なので1台1台が丁寧な仕上げ
ヨーロッパ製ピアノに負けないという志の高い国産ピアノです。
>お客様の声

ヤマハ、カワイのプレミアムシリーズ並みの性能を発揮

最近の国産グランドピアノは、ヤマハ、カワイもレギュラーシリーズよりも、メーカーも高額なプレミアムシリーズの販売に力点をおき、ボストンもカワイで委託生産されていますが、スタインウェイがデザインしたという理由で割高な値段設定になっているように思います。

それらのプレミアムシリーズに隠れ、国内専用モデル(輸出はしない)のディアパソンは生産台数も年産で50台ほどと少量生産故に、1台1台が丁寧に制作されています。

今でも少量生産(年産50台以下)故に今でもディアパソンの伝統が守られて、すなわち大橋フレームと呼ばれる独自のフレームや伝統的な木製アクション、消耗部品にはドイツ製の最高級品を使用、譜面台や脚もひと手間余分にかけた仕上げになっています。

ピアノ好きな方なら、ディアパソンピアノという名前だけは聞いたことがあると思います。
地元、静岡新聞にも取り上げられました。

(こころざし)の高いピアノです。


ディアパソンの魅力と浜松の名工のお話

ディアパソンピアノの歴史と現在

ディアパソンピアノは、日本が戦後の焼け野が原で、ピアノ自体がほとんどない昭和23年に“日本でヨーロッパ製のピアノに負けない理想的なピアノを”という高い目標で、当時、天才的技術者と言われた大橋幡岩オオハシ ハタイワ(当時のヤマハの技術部長)さんが、ドイツのベヒシュタインピアノをモデルにして理想的なピアノをめざして設計、製作されたピアノがディアパソンピアノですので、志が非常に高いピアノです。
ですから今でも基本設計はディアパソン独自のオリジナル設計です。

長くカワイ楽器の子会社と存在していた株式会社ディアパソンでしたが、親会社のカワイ楽器の全社的な合理化によりカワイ楽器に合併吸収され2019年からカワイ楽器のブランドの一つになりました。


ディアパソンのグランドピアノD-164R、DR-300の演奏

どんな人に、一番お薦めか?

ディアパソンのグランドピアノは実力派のピアノですので、ピアノ選びもあまりブランド力に頼らず、できれば少しピアノが弾けて、ご自身である程度、ピアノの性能を評価できる方が理想的かと思います。

良く調整されたという条件が付きますが、他の国産グランドと直接、比較、ご試弾いただくと、価格以上に価値あるピアノ(価格以上に性能が良い)という、ここでの説明が、ご納得いただけると思います。

ブランド料が上乗せされてない分、高いコストパフォーマンス

以前はカワイの子会社で優良企業のディアパソンでしたが、最近、カワイ楽器自身の合理化のために親会社であるカワイ楽器に合併吸収されています。
これによりカワイ楽器のブランドは従来のカワイブランドのほかプレミアムシリーズのシゲル・カワイがありますが、これに加えてディアパソンが加わりました。
※ボストンはカワイが委託生産。

カワイ楽器におけるディアパソンブランドの位置づけですが、性能の違いがわかるピアノ愛好家の方のためのブランドということになります。

つまりディアパソンは有名ブランドではないので、シゲル・カワイやボストンのようにブランド料が上乗せされていない分だけ安価ですし、ディアパソンは設計思想も独自性があり価格に対して高品質な部品が使われていますので、コストパフォーマンスが非常に高いピアノです。

ある程度の演奏力があり違いがわるピアノ愛好家の方にはピッタリのピアノと云えます。

最近(2018年9月)に頂いたお客様の声をご覧いただくとディアパソンのことが良くわかると思いますので下記にリンクしました。

ディアパソンピアノ独自の長所(特徴)とは?

重要な消耗部品に、最初からドイツ製の高級部品を使用しています。
デリケートなアクションの部材は、伝統的な木材を使用しているのは勿論ですが、重要な消耗部品である弦やハンマーは高級ヨーロッパ製ピアノと同じ、ドイツ製のレスロー弦やレンナーハンマーを使い、同じく高級天然皮革を使ったローラーや大型のキャプスタンスクリューを使うという国産他社のグランドピアノにない魅力的な特徴を持っています。

消耗部品に最初から高級なヨーロッパ製部品を使っているというのは、ディアパソンのグランドピアノの独自の大きな魅力の一つですが、ピアノの寿命で解説していますが、これらの消耗部品を後からバージョン・アップさせようとすると、部品代や交換のための工賃で相当な負担になりますので、これだけで相当なお得感があります。

消耗品で音色にも影響のあるハンマーですが、演奏過程で弦溝がついてくるので弦溝をファイリング(削る)をしていきますが、これがレンナーハンマーはファイリングしていっても最後までハンマーの本来の性能が維持されるようです。

ちなみにヤマハ、カワイは自社製のハンマーを使用していますが、ファイリングしていくと段々音が細くなると云われています(浜松の修理職人さんの声)

ですからこの浜松の修理職人さんに古いヤマハのオーバーホールを依頼すると、必ずハンマーはドイツのレンナーハンマーかアベル、弦はレスローに交換しますが、ディアパソンは最初からドイツ製の高級ハンマーと弦が使われています。


ディアパソンD-164 フレンチタイプの演奏

中立音が美しいディアパソン

現在のピアノは、できるだけ弦の端から端まで鳴らしてきらびやかな響きを出すという考え方が主流ですが、これは確かにキラキラ感が出て魅力的なのですが、一歩間違えると耳障りな雑音も含んでおり、特に古くなるとそれが強くなる傾向があります。

ディアパソンの基本的な考え方は上記の考えとは異なり、大根や人参の端を切ってから料理するのと同じように弦の端の響きを抑制し、弦の中央部の美味しいところを中心に響かせるような設計になっています。
但し現在のディアパソンは両タイプがありますので、お好みでお選びください。

現代の主流、ターン張りで弦の先まで響かせる(共鳴弦)

総1本張りでフェルトを入れ響きを抑える仕様DG-183

防音対策に、ディアパソンのマスク仕様のご提案

ディアパソンのマスク仕様(15万円のオプション)を選べば、音量を段階的に最大40%ダウンさせることができます。

但しマスク仕様はメーカー工場での取り付けのためディアパソンの新品ピアノが対象(後付け不可)です。一戸建ての場合は、マスク仕様のみでも防音対策が可能のように思います。

マンションの場合は絶対音量もさることながら、さらに階下への固体振動音(床を叩く時に出る音)を防ぐことを考慮した場合、防振用のゴムのインシュレーター(約2万円)でも有効ですが、さらに念を押すとピアノ架台(約21万でオーダーメイド)がお薦めです。

ピアノ架台は架台と床の間に空気層を作り階下に音や振動を伝えません、これだと床を防音工事したのに近い効果が期待できます。

普段は響板の下部を開けて弾きます。

防音が必要な時は響板の下部を閉めて音量を低減させます。

レバーで簡単に響板の下部を開閉できます。


マンションでのグランドピアノの防音対策のご提案

マンションで即、演奏可能なマスク仕様とピアノの架台の組み合わせを浜松ピアノ店では常時展示。

床の防音工事並みの遮音効果を持つピアノ架台

定評ある総1本張りのDG-183

独自の透かし彫りの譜面台で演奏者自身に音が良く届きます。

ピアノの防音対策

ディアパソンのご試弾は?

従来はカワイの浜松の竜洋工場でディアパソンをご試弾いただけましたが、カワイ楽器さんとしては、シゲル・カワイの販売に入力しており、残念ですが現在は竜洋工場で試弾や選定ができるのはシゲル・カワイだけになりました。

年間の生産台数も少なく(年産50台以下)試弾の機会が少ないディアパソンですが、理想的には浜松ピアノ店で丁寧に仕上げをして展示しているディアパソンをご試弾いただくのが一番と考えていますが(常時ご試弾が可能)、カワイ楽器さんと話合いの上で、全国の大型のカワイショップ、すなわち東京、名古屋、大阪、福岡のカワイショップなら、ご試弾を希望されれば浜松の竜洋工場から取り寄せてカワイショップでご試弾頂けるようです。

また購入確定の方には、望めば同型2台からの選定も可能になるそうですので、お手数ですが弊社までご相談下さい。

※生産台数が少なくメーカー在庫がないので、ご試弾や選定品の浜松からの取り寄せには1ヶ月ほど必要になるそうです。

DIAPASON PIANO 価格表

2019年7月現在の税別本体価格です。
※価格は為替変動・メーカー事情等で予告なく変更されることがありますのでご了承下さい。

Upright Piano
モデル高さ仕上げ本体価格
DU-128F128cmウォルナット艶出し¥1,150,000
DU-132132cmダークウォルナット艶出し¥1,400,000
Grand Piano
モデル奥行仕上げ本体価格
DG-166166cmブラック艶出し¥1,800,000
DG-166F166cmマホガニー艶出し¥2,330,000(受注生産)
DG-183183cmブラック艶出し¥2,500,000
DG-183F183cmダークウォルナット艶出し¥3,730,000(受注生産)

カタログご希望の方は下記の無料資料請求からお申込み下さい。

資料とカタログに添えて下記のメーカー別の独自の詳しい解説書も同封いたします。

【 メーカー別の詳しい解説書 】

スタインウェイ
全15ページ

ファツィオリ
全8ページ

ペトロフ
全23ページ

ディアパソン
全12ページ

レーニッシュ
全4ページ

フォイリッヒ
全6ページ

ウェンドル&ラング
全4ページ

無料資料請求もっと詳しく知りたい方へ

ピアノ選びで後悔しないために

特にピアノのタッチ、音色、表現力等の性能を大切にお考えの方を対象に、オリジナルの参考資料、冊子とCD、DVDの3点を無料進呈します。

詳しくは

相性の良いピアノとの出会いのためにHow to choice

Step1ピアノの選び方とその問題点 Step2当店でピアノを選ぶメリット Step3おすすめブランド Step4中古ピアノのメリット・デメリット Step5ピアノの寿命 Step6ピアノの防音対策 Step7よくあるご質問