ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ファースト、セカンド、サードラインという業界用語

自国(日本やヨーロッパ等)で全て生産するピアノをファーストライン、中国で生産された部材を使い、日本やヨーロッパ等で最終組み立てするものをセカンドライン、中国で全て生産するピアノをサードラインと呼ぶ業界用語があります。

今はセカンドライン、つまり主に中国で生産し、それを部材と云う名目で日本やヨーロッパに逆輸入して、本国で最終組み立てをして日本製やヨーロッパ製として表示・販売されているピアノが大半です。

日本で販売されているサードラインのピアノとしては、スタインウェイデザインのエセックスがありますが、他に老舗のヨーロッパブランドのウェンドル&ラング(オーストリア)フォイリッヒ(ドイツ)があります。

老舗のヨーロッパブランドならではの魅力がありながら、ファーストライン(すべて本国製)の三分の一くらいの価格で日本で購入できるのが大きな魅力です。

ウェンドル&ラング

フォイリッヒ


お奨めブランド ウェンドル&ラング

お奨めブランド フォイリッヒ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取