ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

音楽ホールも音響が大切です

ホールは音響板をセッティングした状態で調整・調律・整音をします



事前の空調(温度)は勿論、調整・調律・整音を始める前にわざわざ音響板をセットしてもらう必要があるので、その準備だけでも大変です。

家庭の調律も事前にいつもの室温に設定しておく必要があります。


大がかりなホールの音響板


ところで以前ホールの施工主さんが多目的ホールであるということと、予算がないので音響板を設置せず、ピアノだけはスタインウェイを設置したホールがあります。

音響板を設置しなかった結果として、アンサンブルでも相方の音が聞こえず、客席にも十分に音が届かず、ピアノを使ったコンサートでは不評を買う結果になりました。

ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから





 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


スキル(技能)よりウィル(意識)の時代?

ヤフーニュースに”拡大する「黒字リストラ」対象は誰?”という記事が目にとまりました。

記事の内容は、確かに技術の前に意識レベルが高くなければ高レベルの仕事はできないと日頃から感じている私にとっては納得できるものでした。

私はよくピアノの調整を家の掃除に例えます。

私は掃除機をかけたら掃除完了で本人も満足していますが、うちの奥さんから言わせるとあなたのは掃除したうちに入らないのだそうで、これは私の掃除に対する意識レベルの低さということになります。

ピアノの性能を大切に考えると調律だけでなく、地味な作業をこつこつと積み上げていく丁寧な調整が必要です。





ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから









 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ウェンドル&ラングの出荷調整始めました

 

今月京都府に納品予定のウェンドル&ラングの出荷調整を始めました。

早速土台の鍵盤下の掃除と鍵盤の動きを見ていってるのですが・・・

 

 

このように鍵盤には真ん中の部分に穴があいていてここに金属のピンがささりここを軸としてシーソーのような動きで鍵盤が上下します。

毎回そうなのですが、この穴が緩く(広く)ガタツキがあるのでここから直して開始します。
ガタツキがあると鍵盤を弾いた瞬間(特に鍵盤を上げた瞬間)カタッというような木がぶつかったような音がします。いわゆるロスなのでこの穴を少し狭くしないといけません。
今回はこの穴を湿らせてから木を膨張させ穴を狭くし、しっかり乾燥させます。
マイナスからのスタートなのでその分余計な時間がかかりますが、しっかり直して心地良く弾ける状態にしてお届けします。

 

>>>ウェンドル&ラングピアノについて

>>>出荷調整の必要性について

>>>鍵盤が上がらない原因

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary