ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

(故)中村紘子さんの椅子のエピソード

初めて中村紘子さんにお会いしたのは20年位前、岡山市の建部町に文化センターのホールにスタインウェイのフルコンサートピアノを納入させて頂き、のこけら落としに中村紘子さんをお呼びした時です。

スタインウェイのフルコンサートピアノの椅子は、定番のアメリカのジャンセン社製の20万円の高級椅子をつけてついているので椅子については問題ないものと思っていました。

ところが本番当日になってその椅子ではだめで、中古品でも良いから本番までにトムソン椅子を持ってきて欲しいと云われ、急遽、岡山市内から片道1時間以上かけて建部町のホールまで椅子をお持ちした記憶があります。

ヨーロッパ製の20万円のコンサート用椅子


中村紘子さんがコンサート本番で使われた通称、トムソン椅子(価格は3万円前後)


トムソン椅子は背もたれがついているのが特徴で、発表会等で座位が異なる不特定多数の人が演奏する時に、ワンタッチで椅子の座位を変えることができるので重宝されていますが、構造上、細かい座位の設定ができないのが不便です。

そのような理由から演奏者が一人の場合は、一度座位を設定すると途中で変える必要がないので、細かい座位の設定ができないトムソン椅子は不便です。

そのような特徴があるのですが、中村紘子さんのような一流ピアニストでもコンサートでは緊張する?ので、ピアノ椅子は日頃ご自身が使い慣れた椅子の方が一番落ち着くのかも知れません。

ピアノ椅子に必要な性能

ピアノ椅子に必要な性能としては、体重移動してもギシギシという音がしない丈夫な椅子であること、ある程度の重量があり板間(舞台等)で使っても椅子が簡単に動かないこと、座面の座り心地が良く長時間の連続演奏でもお尻や太腿の負担が少ないことですが、後は見栄えも良くピアノ本体にデザイン的にも似合っていることのようです。

下の写真の椅子はファツィオリピアノが採用している高級椅子ですが、デザインがシンプルで演奏者の体重を利用してワンタッチで任意の座位を確定できます、但し大人の西洋人の体重が基本ですので体重の軽いお子様や小柄な日本女性の場合は座面が下りてこないこともあります。

お洒落なイタリアのランザーニ社の椅子

お洒落なイタリアのディスカチャーチ社製


ちなみにヨーロッパのピアノメーカーは、ピアノ椅子は自社で作らず、椅子の有名専門メーカーが存在し椅子はお金を出して購入するという感覚なので高品質の高級品が多いのですが、日本のヤマハ、カワイの場合はピアノの附属品としてサービス品になるので手抜きになって最近は中国製の安価な椅子も多くなっています。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。



無料資料の詳しいご案内はこちらから


無料資料のお申込みはこちらから

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取