ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの生産国表示の業界ルールとは?

YOU TUBEでもご案内しています

最終調整をした国を生産国表示するというピアノ業界の世界的なルール

これを拡大解釈するとペダルを外した本体とペダルを別々に部材という名目で海外から仕入れて、日本(本国)でペダルを取り付けると日本(本国)製のピアノということにもなります。

業界用語でファースト・ライン、セカンド・ライン、サード・ラインという言葉がありますが、これの意味は本国で全て製造されたものがファースト・ライン、他国で委託生産してから本国で最終仕上げしたものがセカンド・ライン、全て他国で委託生産されたものがサード・ラインという意味でよく使われます。

本来の意味での日本製、ドイツ製はファースト・ラインですが、今ではヤマハ、カワイをはじめヨーロッパの老舗ブランドも多くがセカンド・ラインかサード・ラインで製造されており、今ではファースト・ラインは一部の高級ブランドか高級品に限られます。

なぜピアノを中国で生産、或いは委託生産されるのか?

今は中国が世界最大のピアノ市場ですが、日欧米で作ったピアノを中国に輸出すると35%の高関税をかけられるので、この問題を解決するには中国でピアノを生産する必要があり残りを関税がかからない日欧米に輸出するようになっています。

ヨーロッパメーカーが委託生産している中国№3のハイルーン社の広報誌より



昔はアメリカ製のピアノもたくさんありましたが、今は唯一、ニューヨークスタインウェイだけでになっています。

中国で委託生産された老舗のヨーロッパブランドも魅力的です

中国で委託生産されたヨーロッパブランドは本国生産の1/3程度の価格になり、ヤマハ、カワイより安価ながら、日本での調整次第ではヤマハ、カワイ以上に高性能でヨーロッパブランドならではの風情と魅力を持ちます。




お薦めブランド ウェンドル&ラング

お薦めブランド フォイリッヒ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

 無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary