ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>お知らせ

安価な圧力式ピアノベンチが入荷しました!

今回入荷した油圧式ピアノベンチ ¥60.000-(税別)

img_0844

従来の椅子の高さ調整は、横のダイヤルを手で回して調整するタイプが主流ですが、高さ調整のために演奏前に手首に負担をかけるのが難点でしたが、このタイプであれば、レバー一つで好みの高さに調整できるが大きな利点ですので、複数の人が使用するピアノ椅子としては、その意味で重宝します。

ドイツ製ガス圧シリンダー使用の高級ピアノベンチ ¥200.000-(税別)

ドイツ製ガス式シリンダー使用 ピアニストのための高級ベンチ ¥200.000-(税別)

 

こちらはプロピアニスト用の高級版で浜松ピアノ3Fホールで現在使用中のものですが、重量も18㎏と重く、より頑丈に出来ていて、大柄な男性がアクロバット的演奏をしてミシリともしない丈夫さを誇ります。

ただ実際に使ってみて困ったことが一つあります。それは下の高級版は演奏者の最低体重が60㎏?(欧米人)と想定しているようで日本人でも男性なら問題ないのですが、小柄な女性やお子様の場合は、体重不足のために座面が下がらないのです。

それで悩んでいた時に、アジア人バージョンがあると紹介されて今回購入したのが上の安価なタイプです。
ヨーロッパ人バージョンが体重60㎏、アジア人バージョンは45㎏で今回購入したのはアジア人バージョンです。

しかしこの体重45㎏というのも微妙で、試しに弊社の上坂女史が座ってみたのですが、何とか座面がダウンしますが、最後まではダウンならずでした。しかも女性にとって体重の問題は微妙(秘密?)なようで、何だかテスト台に載せられているような感じになるそうです。

そんなこともあり、せっかく高級椅子をご用意していますが、小さななお子様や小柄な女性も座ることの多いホールの椅子は、結果として昔からある高低自在椅子(通称トムソン椅子)がよく使われます。

ちなみに故中村紘子さんは、この高低自在椅子がお好きで、コンサート当日に、会場には20万円クラスの高級椅子が備品であるにも関わらず、中古でも良いから高低自在椅子を持って来いというご指示で、私が遠方までこの高低自在椅子を車で持って行ったことがあります。

昔からよく使われた高低自在椅子(通称トムソン椅子)

高低自在椅子

ペトロフの極上の中古品が出ました!

珍しくペトロフのP118 C1チッペンデール仕様、ウォルナット艶消の中古品が本日入荷しましたのでご案内いたします。

このピアノは2011年5月に弊社から岡山市内のお客様に新品で納品させて頂いたものですが、このたび引っ越しで手放されたもので極上品です。

ウォルナットの艶消しの本格的なチッペンデール(猫脚)とかなり個性的ですが、この種のピアノがお好きな方には魅力的です。

まだ未調整でこれから少しづつ整調・調律・整音を施して仕上げて行きますが、興味のある方は早めにご来店下さい。

お薦めブランド ペトロフ

IMG_0836

IMG_0838IMG_0839

中立音が美しいディアパソン独自の仕組み

現在のピアノは、できるだけ弦の端から端まで鳴らしてきらびやかな響きを出すという考え方が主流ですが、これは確かにキラキラ感が出て魅力的なのですが、一歩間違えると耳障りな雑音も含んでおり、特に古くなるとそれが強くなる傾向があります。

現代の主流、ターン張りで弦の先まで響かせる(共鳴弦)
この部分を爪で弾くとよく鳴ります、スタインウェイを始めヤマハ、カワイ、その他がこの方式です。
dscf5996

 

ディアパソンの基本的な考え方は上記の考えとは異なり、大根や人参の端を切ってから料理するのと同じように弦の端の響きを抑制し、弦の中央部の美味しいところを中心に響かせるような設計になっています。

これがディアパソンの中立音が美しいという主張の仕組みで、総1本張りでフェルトを入れ響きを抑える仕様DR-300他

IMG_0821

但し現在のディアパソンは両タイプがありますので、お好みでお選びください。
お薦めブランド ディアパソン

お知らせNews