ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>お知らせ

素敵なお客様のご紹介、岡山市の中村様

今回HPをリニュアルする際に、ピアノのあるステキな生活をされているお客様に写真を送ってもらい、使わせて頂きましたが、その中のお1人をご紹介します。

ペトロフの暖かい木の音色が気に入りました!
dsc_0984

念願のプライベートホールの完成にあわせて以前から気になっていたヨーロッパ製のペトロフを購入しました。木の魅力を生かした空間に、ピアノが自然なかたちで馴染んで、魅力的な音色と響きを楽しんでいます。

自宅敷地内に建てられたホールの名称は奏音亭です。
b36df0a6

天井も吹き抜けで音響も抜群です。
71c596bf

ピアニシトを招いてコンサートも開催します。
img_0785


コンサート終了後の、CDの販売風景
img_0781

海外からのピアニストさんは、大概、来日時にCDを持って来られて、演奏終了後に、必ず自作のCDに、目の前でお客さんの名前を一人一人CDジャケットに書いてから、自分のサインを書いて販売されます。

演奏に盛大な拍手をした手前、CDを購入せざるお得なくてなり、筆者も1枚3千円のCDを購入しましたが、これだけで演奏者は結構な収入になります。

お客様の声

お薦めブランド ペトロフ

 

 

もっと詳しく

素敵なお客様のご紹介、島根県出雲市の海田様 

今回HPをリニュアルする際に、ピアノのあるステキな生活をされているお客様に写真を送ってもらい、トップページに使わせて頂きましたが、ご紹介するのはそのなかのお一人です。

トップページに使わせていただいのがこの写真です。
4dfeacab

すでにデジタルピアノとヤマハのアップライトをお持ちなのですが、やはりグランドをということで、数回弊社にご試弾にご来店いただきました。
dsc_1035-2

ヤマハもいいんだけれど、今度はできればヨーロッパのピアノを、なかでもペトロフの音色が好きということでしたが、演奏の方も達者な方で、ご来店のたびにご試弾いただいたところ、ヨーロッパ製ピアノ特有の箱全体で鳴るフォイリッヒの音色を気に入られてご購入いただきました。

彼女はクラシックもお弾きになりますが、最近お弾きになるのは主にジャズで、近頃はプロのジャズボーカリストの伴奏や店のBGMの演奏されているようです。
dsc_1049

もちろん本業は別にお持ちですが、そんな 彼女に感想をお聞きすると、一言で云うと「非常に満足しており、このフォイリッヒを買って本当に良かった」というお言葉をいただきました。

どんな風にいいですか?という質問に、「何というか、綿の中に一本芯を通したような、柔らかい音で全体を包み込んでくれるような感じが、弾いていてとても気持ちが良い」と仰っていただきました。

この価格でこの魅力ということで、これからのお客様への説明にも気合が入ります。

お薦めブランド

折角なので出雲大社にお参りしてきました。
 参道にある人気のぜんざい屋さん、行列が出来ていました。 
dsc_1070-2

平日ですが、たくさんの人で賑わっていました。
dsc_1075

縁結びで有名な出雲大社
dsc_1078

もっと詳しく

素敵なお客様のご紹介、山口県光市の平岡様 

今回HPをリニュアルする際に、ピアノのあるステキな生活をされているお客様に写真を送ってもらい、トップページに使わせて頂きましたが、ご紹介するのはそのなかのお一人です。
 
ご夫婦で仲良く趣味でピアノを楽しみ、ご主人はチェロも。
dsc_0248

dsc_0234-2

子供さんが成長して家を出られて今はご夫婦だけの生活になり、時間的なゆとりもできたので、今まで控えていた趣味のピアノを再開されたそうです。

ピアノを再開するにあたり、今までのアップライトピアノをリニュアルすると同時に、今度は趣味性の高いヨーロッパ製をご購入いただきました。

お話をお伺いすると、お二人は学生時代からのお付き合いだったようで、子育てが終わった今でも、学生時代からお二人の仲が良かったであろう片鱗が感じられました。

お家は瀬戸内海が見える高台にあり、敷地も広いので防音も特にされていないので自然で快適な響きを味わえます。

そんな家庭環境なので、お二人と同居するネコも、とても穏やかで幸せそうなのが印象的でした。
dsc_0247

家のある高台から少し下ると、豊かな松林を持つ砂浜が広がります。
dsc_0266

dsc_0272-2

退職後に住みたいところのアンケートで、岡山県も毎年4位くらいにランクされますが、地方都市ではこんな生活も可能です。

60歳以降は第二の青春と云われたりしますが、お二人を見ていると正にそんな感じがしました。

お客様の声
 
 

もっと詳しく

お知らせNews


不要・中古ピアノ買取