ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>お知らせ

寿明義和先生による2017年度特別レッスン会場に浜松ピアノ店3Fホールが選ばれました。

ブルーメンシュタインピアノ協会主催
寿明義和先生による2017年度特別レッスン会場に浜松ピアノ店3Fホールが選ばれました。

img_3304

お申し込みやその他詳細は主催者ホームページをご覧ください。

~ブルーメンシュタインピアノコンクール~
寿明義和先生による特別レッスン【2017年度生募集】
http://bspc.info/news/news_concours/330.html

ところで弊社ホールが選ばれましたと誇らしげに書いたのは理由があります。

先日、同じ主宰者による公開レッスンが弊社ホールで初めて行われたのですが、その時のピアニストが弊社ホールのピアノのコンディション(良く手が入った丁寧な調整)を高く評価されたからと推測しています。

有名ホールは、大概はスタインウェイ等の有名ブランドのピアノが設置されていますが、残念ながら十分な手が入っていないピアノが多いので、たとえ世界の一流ブランドのピアノであっても、意外と弾き難い(表現力が劣る)ピアノが多いのが実情かと思います。

ですので公開レッスンのように繊細な表現力を指導しようとした場合は、ピアノのブランドが何か?というよりも、丁寧に調整されているピアノかどうかの方が遥かに重要になります。これは一般の家庭のピアノの場合も全く同じことが云えます。

先日もホールのスタインウェイはタッチが重かったので、我が家のピアノもタッチを重くして下さいと言われたと、ある調律師さんが嘆いていましたが、これはホールのスタインウェイが調整不足だっただけの話なのですが。

ピアノ店のホールに常設しているピアノですので、商売柄、当然ながら、いつでも最善の状態であるように心がけて、空調にも気を配りながら、毎月、丁寧な整調・調律・整音を施しています。

浜松ピアノ店 貸ホールと練習室
https://www.hamamatsu-piano.co.jp/rental

ピアノの調整とメンテナンス
https://www.hamamatsu-piano.co.jp/tuning

もっと詳しく

ピアノの発表会が無事終了しました!

img_7977 img_7982

弊社の2Fでささやかなピアノ教室を開講させていただいていますが、当教室の年に1回のピアノ発表会がこの日曜日(11/6)に弊社3Fホールで無事終了しました。

幼稚園児から70歳代まで幅広い方が出演される弊社のピアノ発表会ですので、通常のピアノコンサートに比べて、裏方の準備が大変だったようで(私は手伝いをしていないので)無事、終了して一同、ほっとしています。

浜松ピアノ店 ピアノ教室

もっと詳しく

安価な圧力式ピアノベンチが入荷しました!

今回入荷した油圧式ピアノベンチ ¥60.000-(税別)

img_0844

従来の椅子の高さ調整は、横のダイヤルを手で回して調整するタイプが主流ですが、高さ調整のために演奏前に手首に負担をかけるのが難点でしたが、このタイプであれば、レバー一つで好みの高さに調整できるが大きな利点ですので、複数の人が使用するピアノ椅子としては、その意味で重宝します。

ドイツ製ガス圧シリンダー使用の高級ピアノベンチ ¥200.000-(税別)

ドイツ製ガス式シリンダー使用 ピアニストのための高級ベンチ ¥200.000-(税別)

 

こちらはプロピアニスト用の高級版で浜松ピアノ3Fホールで現在使用中のものですが、重量も18㎏と重く、より頑丈に出来ていて、大柄な男性がアクロバット的演奏をしてミシリともしない丈夫さを誇ります。

ただ実際に使ってみて困ったことが一つあります。それは下の高級版は演奏者の最低体重が60㎏?(欧米人)と想定しているようで日本人でも男性なら問題ないのですが、小柄な女性やお子様の場合は、体重不足のために座面が下がらないのです。

それで悩んでいた時に、アジア人バージョンがあると紹介されて今回購入したのが上の安価なタイプです。
ヨーロッパ人バージョンが体重60㎏、アジア人バージョンは45㎏で今回購入したのはアジア人バージョンです。

しかしこの体重45㎏というのも微妙で、試しに弊社の上坂女史が座ってみたのですが、何とか座面がダウンしますが、最後まではダウンならずでした。しかも女性にとって体重の問題は微妙(秘密?)なようで、何だかテスト台に載せられているような感じになるそうです。

そんなこともあり、せっかく高級椅子をご用意していますが、小さななお子様や小柄な女性も座ることの多いホールの椅子は、結果として昔からある高低自在椅子(通称トムソン椅子)がよく使われます。

ちなみに故中村紘子さんは、この高低自在椅子がお好きで、コンサート当日に、会場には20万円クラスの高級椅子が備品であるにも関わらず、中古でも良いから高低自在椅子を持って来いというご指示で、私が遠方までこの高低自在椅子を車で持って行ったことがあります。

昔からよく使われた高低自在椅子(通称トムソン椅子)

高低自在椅子

お知らせNews


不要・中古ピアノ買取