ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ選びの参考資料を無料提供する理由は?

多くの方々がピアノを購入する際の選考基準に悩まれています。

いざピアノを買う段階になると、なかなか決断できないお客様が目立ちます。
ピアノは趣味性が高く高額な品物ですので、変なピアノを選んで失敗したらどうしようと不安な気持ちにもなるのも当然です。

一口にピアノを選ぶ基準と言いましても音色、タッチ、価格、サイズ、色、デザイン、材質、ブランド、販売店、調律師、アフターサービス、などなど少し思い浮かべるだけでも、これだけ挙がります。

おそらくお客様はカタログやインターネットで沢山の情報が溢れているために、かえって何を根拠に買えば良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。

その結果もっとも簡単な基準「価格」「見た目」「ブランド」で安易に決めてしまう場合も・・・。

すでに国内においてピアノは一般家庭に広く普及し、もはや従来の大量生産・大量販売といったメーカー主導型のビジネスモデルは転換期を迎えています。

これからは本物志向の消費者がメーカーと販売店を選別する時代

資料ではピアノを探す人にとって必要な知識をご紹介しますので、初心者であっても勉強して違いのわかる買い手となれば失敗するリスクを減らすことは出来ます。

ネット上で公開できないメーカーの裏話やピアノ業界の矛盾も豊富に掲載していますので、これまでのメーカーやブランドに対する認識もずいぶん変わるはずです。

特にピアノの性能(タッチ・音色・表現力)を大切にお考えの方は、この機会に、ぜひ資料請求下さい。

なぜ、資料を作って無料配布をしようと考えたのか? 

下記の資料、左からDVD ピアノの調律とメンテナンス、CD ピアノ聴き比べ、小冊子 ピアノよもやま話の3点を無料進呈します。


このピアノを選んで本当に良かった!我が家の宝物にしよう♪

資料をご覧頂いてピアノを購入された方に、そう心から満足して頂ける事が何よりの喜びです。

 ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈いたします。

こちらもご参照下さい「ピアノの選び方とその問題点

既に「ご覧になった方の感想」をお読み頂くと、資料の本質がご理解頂けると思います。

※カタログをご希望の方は、筆者のメーカー別の詳しい解説書も同封いたします。

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取