ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

性能に対する意識レベルの高い調律師に依頼すべき

ピアノを弾いているといろいろ気になるところが出てくると思いますが、定期メンテナンスの際に気になるところを調律師が対処する必要があります。

しかし調律師に報告しても「こんなものです、ご不満なら新品の高級品に買い換えてください」と返されると返す言葉がなくなります、

しかし気になるところを放置しておくと徐々に意識が拡大してきますので、そのうちそのピアノが嫌で嫌でたまらなくなります。

そのような事例をみると、やはり性能(音色やタッチ等)に対する意識レベルの高い調律師にメンテナンスを依頼する必要があります。

弊社のメンテナンス風景を関西出張レッスンという記事にしていますが、お客様のご要望も様々です。

関西出張メンテナンス













ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから







 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取