ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの問題点は調整が省かれていること

メーカー幹部や業界関係者、ピアノ講師の方も調整や整音の重要性を理解されていないので、メーカーや販売店も悪気はない(手抜きしているという意識がない)のですが、出荷前(納品前の調整)に3日間ほどかかる調整をやる習慣がほとんどないこと、さらに納品後のメンテナンスも調律だけで済まされていることです。

せっかくの高級ピアノも大半のピアノが新品時から本来の性能の70%位しか性能を発揮せず、その後のメンテナンスも調整が省かれ調律だけで済まされるので、ますます音も悪く弾き難いピアノになっていきます。

複雑なメカニズムを持つアップライト(写真はスタインウェイ) 
このメカニズムの伸縮や歪みを修正して摺合せ調整をしないと決して本来の性能を発揮しません



複雑なメカニズムを持つグランドピアノ(写真はスタインウェイ) 
このメカニズムの伸縮や歪みを修正して摺合せ調整をしないと決して本来の性能を発揮しません


最近では高級ピアノのスタインウェイですら、スタインウェイ・ジャパンが行う出荷調整は会社の意向で5時間に制限されており(以前は3日間、姉妹品はほぼゼロ)、ヤマハ、カワイの高級グランドでもメーカーが行う出荷調整は2時間半~最大8時間になっていますので、性能を大切に考えると足らずは販売店でやるしかないのですがそれもありません。

ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取