ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

猫率高いような

昨日は朝早くから山口県光市H様宅へピアノのメンテナンスに伺っていました。

 
 
ピアノはペトロフP194 ウォルナット艶出し

 
奥様と旦那様が弾かれ旦那様はチェロもされているそうです。
 
 
 
 
 
そもそもなぜペトロフピアノにしたのか尋ねてみると、このお気に入りのオルゴール(スイス製)と同じように箱全体で鳴るペトロフの音色に魅了されたそうです。
 
ならばと、オルゴールの音色を聴かせていただきました。
 
 
うんうん、なるほど。
たしかに箱全体が鳴っていて木の温もりまで伝わってきて、言っていたことが納得出来ました。
 
 


 
そしてここには2匹の猫がいます
 

 

この子は5歳、甘えん坊(笑)
 
 
 


そしてこの子は、な、なんと20歳だそうです。
人間でいうと100歳近くなるのでは・・・
まだまだイスの高さまでジャンプ出来るそうです。凄いですね。
 
 
 

 
 
午後は広島県廿日市市K様宅でメンテナンスでした
 

こちらもペトロフP118 ウォルナット艶出し
 
 
奥様と小学生の娘さんが弾かれ、娘さんはマリンバもされていて最後に生演奏を聴かせていただき、
かなりの腕前でビックリでした。

 
昨年弊社でペトロフピアノを購入されましたが、ペトロフの甘~い音色に一目惚れしたそうです。

娘さんのマリンバの練習に奥様が伴奏をしてあげるそうですが、マリンバとこのペトロフの音色がとてもよくマッチしていました。
 
そしてK様宅も昨年秋に猫を飼い始めたそうです。
まだ生後7ヶ月位でとてもかわいい子猫でした。
 
 
H様、K様お世話になりました。
 
 
 
 
ところで、
ピアノをされていて猫もいる率高いと思うのは私だけでしょうか

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取