ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

グランドピアノ16時間コース初日目

先日、ピアノ講師の方がピアノの相談でご来店いただき、自宅のヤマハグランドピアノが不調なので直して欲しいというご依頼を受けました。

じっくりお話させていただいた結果、一通り全体の調整をして欲しいということでしたので2日(16時間)コースで調整することになりましたが、丸一日空いている日がないということでしたので、4時間コースを4回に分けてお伺いすることになりました。

 

 

早速お伺いしてピアノの状態を見ると、調律以外の鍵盤やアクションやダンパーの調整(整調)、そして弦を叩くハンマーの形状や弾力の調整(整音)をきちんとされていませんでした。

 

 

 

 

ハンマーフェルトに弦の溝が深く付いているのと中心からズレた型がくっきりとついていたので一度溝を取って新品のように整形することにしました。

 

 

整形後です。これでハンマーの形状はリセットできました(まだポジションや噛み合わせの調整はできてませんが)

次は、鍵盤の下のピアノの基礎の部分です。

 

 

 

埃やゴミと鍵盤にささっている金属のピンが錆びていたのでこれを磨いてリセットです。このピンは鍵盤をスムーズに動かすための重要な部分です。ベトベトしていたりザラザラしていたりすると円滑な鍵盤動作ができなくなります。

 

 

これで176本のピンもピカピカになりました。

 

 

次はこのピンの位置や向きを全て揃えます。

 

本日の4時間メニューは、

①ハンマー整形
②バランス・フロントキー(鍵盤)ピン磨き
③バランスキーピン位置調整
④フロントキーピン方向調整
⑤バランスキーホール(穴)調整
⑥フロントキーホールがたつき修理

でした。続きは明日行ないます。

 

 

>>>ピアノのコンディションを良くするために必要なこと
  ①全体の調整 ②空調管理

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取