ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

最近の中古(不要)ピアノの買い取り事情

最近は中古(不要)ピアノの買い取り広告が新聞やTVでもよく目につきますが、その理由は中国が現在ピアノブームのために日本の安い中古ピアノの旺盛な需要があるようで日本から年間十数万台が輸出されているようです。
今の中国では家にピアノがあるのがひとつのステータスように考えられているのでしょう。

中国の2番手のハイルーンのピアノ工場を視察中の習近平さん






ところで資料によればヤマハ、カワイの年間の国内販売台数は毎年減少してきており、たとえば2000年の国内販売はアップライトが37.835台、グランドが9.435台でしたが、2017年ではアップが9.157台、グランドが3.289台になっています。

新品の国内販売の減少に準じて、中古(不要)ピアノの買い取りも毎年減少していますが、中国側の強い要請で、無理に広告をしてでも安い中古ピアノを集めようとしています。

中古ピアノの具体的な流れですが、大概は地元のピアノ屋さんが買い取り、それを各ピアノ店を回るブローカーが大手の買い取り業者(輸出業者)に販売、それを輸出業者が1コンテナに35台ほど詰め込んで中国に送るような流れで、中国に送るまでに何軒かの中間業者が関わります。

ところで最近知り合ったのですが、岡山に若い(29歳)中国人のバイヤーが誕生しています。彼は日本に2年間の語学留学後、岡山の大学に進学、現在、岡山に奥様と在住して中国、上海のピアノ屋さんに直接、中古ピアノを輸出しています、お蔭で中間マージンが少なくなった分、弊社もお客様から高く買い取ることができるようになりました。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary