ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノを選ぶ際の判断基準はあるのか?

お子様用のピアノを求めていろんなピアノ店を回れば回るほど訳がわからなくなり、ピアノ選びの基準はあるのか?というご質問を頂くことがあります。新品に限って云えば基準はあると云えばあるし、ないと云えばないということになるかと思います。

昔は国内(浜松)にたくさんのメーカーとブランドがあり、輸入ピアノも欧米だけでなく韓国製や中国製、北朝鮮製が、国内でいろんなブランド名で販売されていたので、上げ底定価のピアノや粗悪品も多く存在していました。

しかしそれらが淘汰された現在では、日本(今はヤマハ、カワイだけ)もヨーロッパの老舗メーカーも主な生産拠点を中国に移しているために中国工場の生産設備も最新のものになっているので、一部の純ヨーロッパ製を除けばどこも似たような品質のピアノになりましたが、かつてのような粗悪品もなくなりました。

あるのはコストパフォーマンスが高いか否か、いわゆるブランド料が上乗せされているか否かの違いくらいではないでしょうか。

ですからご自身がピアノを弾けない方の場合は、ブランドイメージと外装の色やデザインがお気に召して、予算的にも問題なければどこのピアノ(ブランド)を選んでも大きな問題ないように思います。

しかし、いかなるピアノの性能(音色、タッチ、表現力)も調律師の調整次第というのが筆者の持論ですので、あえて基準があるとすればどこまで丁寧に調整されたピアノかということになります。

しかしこれはご自身がある程度演奏される人でないと、本来の個々のピアノが持つ音色やタッチ、弾き易さの違いがわからないという何とも難しい問題があります。







お子様にはどんなピアノを選んだら良いか?

ピアノという楽器の特異性と問題点、その解決策は?


中古ピアノの落とし穴とは?


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから



株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary