ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

中古ピアノの落とし穴とは?

手間のかけ方次第で、価格も性能も大きく変わるのが中古ピアノです



中古車の場合は年式と走行距離で販売価格が決まりますが、中古ピアノは車と違いなりプロでも良し悪しの見分けが難しく、内部を詳細に観察した上で時間をかけて試弾してみないとその価値がわかりません。

中古ピアノは今までの癖をリセットしてから新品以上に丁寧に調整しないと本来の性能を発揮しないので、とありあえず安価な中古ピアノをとお考えの方が多いと思いますが、安価な中古ピアノは本来の性能がスポイルされているピアノが大半です。

新品と違い前のあるいは前々のユーザー癖や設置環境の影響を受けていますので、これをリセットしてから丁寧な調整を施すと中古ピアノも悪くない(むしろ今の下手な新品より良い)のですが、そこまで手を入れると安価な中古ピアノの販売は難しいので、多くの中古ピアノは外装磨きと故障修理くらいで販売されているが実情で、多くが弾き難く本来の性能を出していない中古ピアノが大半です。

しかも購入者もピアノ初心者が多いため、試弾しても違いが判らない方が多いので、すぐにはクレームにはなりませんが、少しピアノを弾かれるようになると多くの不満が出てくるのが常です。

これをご自宅にお邪魔してその中古ピアノを再調整することも可能ですが、多くの時間がかかり効率も悪く、時にはお預かりする必要も出てきます。

そのような背景から中古ピアノを購入された後から性能(特にタッチ)の不満についてご相談頂く方が多いので、購入前にピアノの基本的な構造について良く研究してください。

代表的なご相談例

中古を今年納品したばかりなのです、、それも清水の舞台からなんたら〜の気持ちでの購入です。音色が好きで購入したのですが、鍵盤の重さまでは想定範囲外だったわけです。
ある程度なら気にしないですが、70gオーバーでは、、腱鞘炎を心配するレベルかと、、せめて60gを切るくらいなら良しとするのですけどね、手、指が痛くなるなんて、、なにより気持ちよくなが〜く弾きたいのに。




中古ピアノのメリット・デメリット

  弊社の中古ピアノが商品になるまで

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから





株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary