ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

中古ピアノも悪くない

人が使っていたピアノは嫌という方以外は中古ピアノも悪くない選択です。
中古車と同様に古いピアノは劣ると考えられる方も多いのですが、楽器としても基本特性は古いピアノの方が新品よるむしろ優れているからです。

たとえば築後1300年と云われる奈良の法隆寺は木造建築ですし、最近は天守閣や神社の再建に寿命が80年と云われる鉄筋コンクリートに変わり、コスト増でも寿命が長い木造建築にする動きが出ています。

このように木材は年数が経過すればするほど強固で固くなるという特性があるので、ストラディバリウスのような古い弦楽器が高くされるわけですが、木が主体のピアノも同様に古い方が楽器としては鳴りが良くなるという意味で優れています。

ただ構造がシンプルな弦楽器と違い、ピアノは内部構造が複雑にリンクしており、弦やハンマー、フェルト、クロスと云った消耗部品も多いので、性能を大切に考えるとそれらの歪みの修正や調整にかなりの手間がかかりますし、消耗品が限界で交換も必要なものも多いので、手間をかけてそれらの問題を全て解決すれば新品時より魅力的なピアノになります。

しかしながら現実には、大半の中古ピアノは安く販売するために大幅な手抜きで販売されているために中古ピアノは劣っていると一般には考えられています。


ハンマー、弦、フェルト類を全て新品に交換作業中の弊社の中古ピアノ

 

ハンマー、弦、フェルト類を全て新品に交換作業中の弊社の中古ピアノ

 

弊社独自の中古ピアノが商品になるまでの作業工程のご紹介

ピアノの選び方とその問題点

丁寧な出荷調整(納品前の調整)で本当のピアノの性能が決まります!


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary