ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

安さだけで中古ピアノを選ぶと失敗する

弊社が考えるお薦めの中古ピアノは、大きく2通りあります。

①保管状態が良く(錆やカビがない)消耗品の程度の良いピアノを丁寧に再調整したもの

アップライトの中古品は市場に豊富でデザインも黒色のシンプルなピアノ多いのですが、中古品狙いなら数は少ないですが、今の価格で100万円クラスの元高級品が性能的にも魅力的で、元の価格を考えると割安感があります。

グランドの場合はアップライトと違い、よく弾き込まれているピアノが多いので、そろそろ消耗品の寿命が心配なものが多いのが特徴です。











逆に好みの木目とデザインでリビングに似合うピアノと考える場合は、選択肢が多い新品の方が良いと思います。

そのなかでも老舗のヨーロッパメーカーが中国で委託生産されているピアノは、比較的低価格(本国生産の半額以下)で国産中古品より少し高価になりますが、比較的安価でヨーロッパテイストの魅力的な新品がお好みで購入できます。










②少々割高でも消耗品を全て交換した中古ピアノ

これから長い期間(新品同様)弾き込んて行きたい方は消耗部品を全部新品に交換したピアノを選択するという選択肢もあります。
消耗品の交換の手間は同じなので、部品交換の際は思い切って弦やハンマーはドイツ製の高級品に交換して、それを丁寧に整調と鍵盤の鉛調整をして整音を施せば今の同クラスの新品より明らかに魅力的になります。






これは中古ピアノでも価格は少し高くなりますが、ご本人に適度な演奏力がありピアノの良し悪しの判断がご自身でできる方には特にお薦めです。ただ1台を仕上げるのに相当な手間がかかるので量産が難しく数が少ないという欠点もあります。

いずれも場合も、それまでの歪みや癖を修正して、いちから丁寧に整調と整音を施すには、高い技術力と手間がかかります。中古ピアノにはたくさんのリスクがあるので、最低でも丁寧なご試弾が必要です。

弊社独自の中古ピアノが商品になるまでの作業工程のご紹介

ピアノの選び方とその問題点

丁寧な出荷調整(納品前の調整)で本当のピアノの性能が決まります!


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから



株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary