ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

鍵盤が重くてお悩みの方に №2

鍵盤が重くて困るというご相談をよく頂きますが、メーカーの初期設定より鍵盤が重い場合は、鍵盤調整やアクションの調整が十分にされていないのでブレーキがかかり鍵盤が重くなっていきますので、メンテナンス時に調律だけでなくその都度の調整が必要です。

鍵盤の鉛調整(ウェイト調整)の作業風景








鍵盤やアクションの調整が十分されても、尚且つ重く感じたり、鍵盤により微妙に重い軽いが気になる方、すべての鍵盤の重さ(タッチ)を均一にしたい方には、鍵盤の鉛(ウェイト)調整をお勧めします。

「トリルをするのに鍵盤が重くて出しにくい」というお悩みを持つお客様に、撮影の許可を得て、鍵盤ウエイト調整の一連の作業と実際の現場の様子を交えて動画を作ってみましたのでご紹介します。

 

鍵盤のウエイト調整を行なったお客様の声
>>>ディアパソンD164が高級ピアノになりました


ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから


 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取