ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

目で見るヨーロッパ製ピアノと国産ピアノの違いNO.1

ヨーロッパ製と国産ピアノの違いはいろいろありますが、例えば材料の木材を自然乾燥させるか短期間で人工乾燥させるか、低音弦の巻き線を手巻きにするか、機械巻きにするか、ハンマーの整音(針刺し)を職人が行うか、機械にやらせるか等、製造工程に人手をかけず機械化し究極の合理化を目指す日本ブランドは職人が要らないので工場さえ作ればどこに国でも生産可能です。

補修用の巻き線は本数が少ないので手巻きの方が合理的ですが、今では高齢化により低音弦の手巻きができる職人さんも少なくなっています。




独スタインウェイ・アップライトのアクション

チェコのペトロフ・アップライトのアクション

ヤマハ・アップライトのアクション

ヨーロッパ製のアクション取りつけネジが金属
写真はペトロフピアノ

日本製はアクション取りつけネジはプラスティック
写真はヤマハピアノ


基本的に同じ構造ですが、このように細かく見て行くと違いがわかります。

打弦時に動きが出るアクションですが、これは本体にしっかりねじ止めできれば問題ないので、別にそのネジの取っ手がプラスティックであろうと金属であろうと性能には関係ないように思いますが、安価な国産は2点止め、高級なもので3点止め、最高級ピアノのスタインウェイは念を入れて4点止めになっています。



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 




株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取