ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

トリオでセッション出来るのも嬉しいです

岡山県倉敷市 テクニカルサウンドさんが設計
住宅街で夜中までジャズセッションが出来る防音室





設計から完成まで1年、やっと防音室完備の我が家が完成して念願のグランドピアノを入れました。
防音室は10畳ですが、ジャズをやるものですから、これにドラムセットや、電子キーボード、さらにウッドベースを持ち込むスペース考えると、コンパクトながら高性能なボストンのGP-156(艶消し)がぴったりでした。
丁寧に調整されたからかも知れませんが、ピアニシモも柔らかく軽いタッチで綺麗に出るし、
フォルテシモもダイナミックに出て、高音部のキラキラ感も十分で、お陰で平日も帰宅してからの、少しの時間でもピアノを弾くのが日課になりました。
休日は時折、友人とトリオでセッションするのも楽しみです。


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取