ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

最近、ピアノの不調のご相談で来店される方が増えました

先日、スマホ対応のためHPを全面リニュアルした際に、調整に関する情報を大幅に増やしたからか、今お使いのピアノの不調を訴えて弊社にご試弾に来店される方が増えました。

具体的な調整については下記の動画をご覧ください。

ピアノの調律とメンテナンスについての詳しい解説

hrxq6294

そのことで今月だけで3件のお客さまがご相談に来店され、状況を詳しくお聞きすると、きちんと定期調律をしているにも関わらず、弾き難い、雑音が止まらない、高音部の音が耳障り等へのご不満で、その不満を調律師に伝え調律師の方が家まで来てくれたが、状況が一向に好転しないので買い替えも検討中とのことでした。

そこで弊社に展示中の同年代の中古ピアノをご試弾頂くと、皆さま、家のピアノと同年代のピアノなのに、何故、ここの展示のピアノはこんなに気持ちがいい音色とタッチなのかと一様に驚かれます。

そこで私が登場して、整調と調律・整音について詳しく講釈を語り、調整の内容を一通りご理解頂くと、例外なく、一度、家のピアノを見に来て下さい、というお話になります。

既にピアノをお使いの方も、これからの方も、是非ピアノという楽器の特性(厄介なところ)をご理解いただけたら幸いです。

下記の記事も併せてご参照下さい。

ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの選び方とその問題点

中古ピアノのメリット・デメリット

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取