ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの防音対策 ②個体振動音への対策

マンションの防音対策は、階下への個体振動音を防ぐのがポイント

マンション等の集合住宅の場合は、空気伝播音に加えて階下に伝わる個体振動を遮断してやる必要があります。

最近のマンションは気密性が高く、壁も150mm~180mmと厚く、壁だけで45db~50dbのお隣との防音効果(空気伝播音)が十分?あるので、問題は階下に鍵盤を叩くカタカタという振動や、ペダルを踏む時のドンドンという、いわゆる個体振動音がクレームになりやすく、これを防ぐ必要があります。

ですからマンションの場合は、階下への個体振動音の対策ができれば、あとは何とかなる?のレベルまで防音対策ができたと云えるかもしれません。

床を防音工事したのと同レベルの個体振動音の伝達を防ぐピアノ架台をご紹介します。

大阪の防音業者が開発したピアノ架台(製作工場にて)


ピアノ架台の裏側、重いピアノを載せたピアノ架台を床に対してゴムで支える構造です。


浜松ピアノ店2Fに展示中のピアノ架台


ピアノ架台の原理は、200㎏~300㎏のピアノを載せて、床とピアノ架台の間に空気層を作る構造がポイントで、ちょうど窓を二重窓にしたのと同じ原理です。

但し頑丈に作る必要があるので、グランド用で120㎏~60㎏、アップライト用でも90㎏~60㎏の重量になり、お値段も21万円ほど必要になります。

ピアノの防音対策

「ピアノ架台」カタログ ダウンロード

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取