ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの選び方とその問題点 ④

大きさの選び方と性能の違いについて

最近は部屋のインテリアに似合う木目でコンパクトな音色の良いピアノを希望される傾向がありますが、性能(特にタッチ・魅力的な低音)を重視すると大きいピアノほど魅力的になります。

大きさの違いとはアップライトでは背の高さ118cm~132cm、グランドは奥行き155cm~274cmのことを云いますが、標準鍵盤の88鍵なのでどれも横幅はほぼ同じになります。

大きなピアノは大きい分だけ低音域の弦(巻線)が細く長く張れるのでその分、低音域の響きが魅力的になります。

大きなピアノは低音弦の巻線が細く長く張れる


白鍵、黒鍵の大きさはどのピアノも同じですが、鍵盤はシーソーのような動きをしますので、大きなピアノは鍵盤の奥行きが長くなる分、弾き易くなることです。

大きなピアノは鍵盤の奥行きが長くなる

大きい方から云うとフルコサートピアノが奥行き274cm、セミコンサートで227cm、家庭用では210cmが大きい方になり、アップライトでは高さ132cmが一番大きいものになります。

大きさ的にはフルコンサートピアノが理想ですが、場所も取り、お値段も2千万円前後になります。

これを予算と性能の折り合いから考えると、比較的安価なピアノでも大きなピアノを選べばその分魅力的になります。

しかし難しいのは小さなピアノで弾いて気持ちが良いピアノです。
これは安価なピアノでは実現が難しくなりますので、コンパクトでデザイン的にも魅力的で、尚且つ魅力的な音色のピアノとなると、やはりピアノ全体で鳴るヨーロッパ製のコンパクトピアノが魅力的です。

グランドピアノとアップライトピアノの違い

ピアノの選び方とその問題点

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取