ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

コンクール予選会場に行ってきました

今日はブルーメンシュタインピアノコンクール中国予選会で倉敷市玉島にある湊ホールに行ってきました。

 

このたびご縁がありこのピアノの調律をさせていただきました。

 

ブルーメンシュタインピアノ協会代表の秋山しのぶさんです。

開場前だったので仕上がり確認で弾いてるところです。いいショットが撮れて絵になってますよね。

 

2児の母でもある秋山さんは、とにかく思い立ったらすぐ行動する方で、一見小柄な女性に見えますが、その奥に秘めたパワーはとてつもなく凄くて、いつもお会いする度に刺激を受けてます。

常に計画を立ててそれを実行することが好きで、じっとしていられない、昼寝なんてしたことがないと言ってました(笑)

 

このブルーメンシュタインピアノコンクールも昨年一人で立ち上げ自らが代表となり、全国を駆け回り、その前向きな姿勢と情熱に多くの方々が支持しています。

 

 

秋山さんと審査員でピアニストの伊藤憲孝さんです。

 

 

今回コンクール前に伊藤先生による30分の演奏がありました。

 

プログラムは、

ラモー:皇太子妃
中堀海都:ピアノのための5つの小品「色」
ショパン:ノクターン遺作 嬰ハ短調
酒井健治:ピアノのための練習曲集第7番「夕べの調べの様に」
リスト:超絶技巧練習曲第11番「夕べの調べ」

 

初めて客席でゆっくり聴かせていただきましたが、もうとても感動しました。

 

 

中国予選の審査員の先生方です。

 

来年3月末に五反田文化センターで全国大会が開催されるそうです。

楽しみですね。

 

 

>>>ブルーメンシュタインピアノコンクール

>>>ブルーメンシュタインFBページ

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取