ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの防音対策 アップとグランドの音の抜け方の違い

グランドとアップライトの絶対音量はほぼ同じ

体感上グランドピアノは大きな音がするように感じられますが、たとえば奥行き180㎝のGPと高さ131㎝のUPが出す音のエネルギーは理論上ほぼ同じと考えられていますので、、防音対策も同じレベルが必要になります。

グランドとアップでは音の抜け方に違いがあります

 
 アップライトは前面(演奏者側)はパネルで覆われているため演奏者には小さく聞こえますが、響板のある後ろ側(壁面)に音が抜けるので後ろ側は大きい音がしています。

グランドは音が上部と下部から抜け、天屋根が反射板になり右側(聴衆者側)に大きく音を飛ばすことができます。

GPとUPの特性の違いで防音対策も異なります。

そのような特性の違いから、音の通り道を遮断するには上下に音が抜けるグランドの方が容易で、後ろに音が抜けるアップライトの方が厄介です。
   
たとえばグランドは天屋根を閉じて床に厚手の絨毯を敷くだけでも音量は小さくなりますが、アップライトの場合は音が後ろに抜けるので床に絨毯を敷いても音を小さくする効果はありません。

写真は階下へ音(振動)を伝えないためのピアノ架台(遮音板の一種)のカタログですが、グランド用は下部のみの板状ですが、アップは下部と後ろ側も遮音するようにL字型になっています。



ピアノの防音対策

ピアノの性能を大切にお考えの方に
ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取