ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノのメンテナンス費用は高級品も普及品も基本は同じです

ピアノの維持費(メンテナンス費用)、たとえば調律代金は高額なスタインウェイやヨーロッパ製、あるいはヤマハ、カワイその他の安価なピアノでもやることは同じなので料金は基本的に同じです。

電話でお宅の調律料金はいくらですか?というお問い合わせをよくいただきますが、それに対して最近の弊社では新規の方は半日作業で2万5千円、1日作業で5万円(弊社ユーザー様は別途料金)とお答えしています。つまり作業時間に対してお金を頂くようにしています。

代金をお伝えすると高いから他店へという方も多いのですが、それでもご依頼頂ける方は以降も継続たメンテナンスのご依頼頂けます。
 
1回の調律(音合わせ)の作業時間は1時間少々で半日もかかりませんが、弊社のメンテナンスは、整調・調律・整音をセットで行うので、日頃からきちんと調整されたピアノでも半日の作業になります。

日頃から調律だけしかされていないピアノの場合は、基本的に1日の作業時間を頂くようにしています。なぜなら一旦、土台(鍵盤調整)から再構築するので、土台が変るとその上に載っているアクション等も再調整が必要になるので1日作業になります。

但し半日作業では演奏者が気になる箇所は修正できますが、1日作業では土台(鍵盤調整)から修正しますので、ビフォアー、アフターでハッキリ体感できるほど快適なピアノに仕上がります。

弊社でピアノを選ぶメリット

ピアノの性能を大切にお考えの方に
ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取