ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

丁寧な調整で大概のピアノは快適になります!

大概というのは、昔は北朝鮮製のピアノや韓国製のピアノ、上げ底定価の大幅値引き等々、そんなピアノが多い時代がありました。粗悪品以外のピアノは丁寧な調整で快適なピアノ(タッチ、音色、響き)になります。

ただ絶対額の安い中古ピアノの場合は、内部の調整が手付かずであったり、消耗品が限界に近いピアノも多く出回っていますので、仮に40万円の中古ピアノであれば、その時は安く感じても、後で性能向上のために十万円単位の投資が必要となれば、むしろ良質のものに買い替えた方が得策のこともあります。

ここで云うところの 丁寧な調整とは言葉にするのは簡単ですが、納品前の調整では、新品ピアノを一通り調整を行うには3日程かかり、中古品では新品の倍近い手間がかかり大幅なコスト増になりますので、大概は省かれているのが実情です。

このあたりのことが業界関係者も含めて、ほとんどの方にご理解いただけてないように思います。
 







 
ただ良く調整されたピアノは弾けば誰でもその快適度の違いがわかりますので、その意味で新品ピアノはもちろんですが、特にの中古品の場合は必ず試弾してみる必要があります。
 
そのような背景がありますので、単にブランドとお値段だけでピアノ選びをすると、あと後困ったことになります。

独自の出荷調作業を動画でご案内しています
 
当店でピアノを選ぶメリット

ピアノの性能を大切にお考えの方に
ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取