ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

メンテナンスの作業内容でも性能差が大きく出ます

従来のメンテナンスは?

音程を合わせる定期調律(半年~1年の空)でアップライト¥15,000-、グランドピアノ¥17,000-、これに1乾燥剤として¥3.000-が加算される仕組みが一般的です。

※乾燥剤は不要です
瓶等の密閉された所では乾燥剤が有効ですが、空気が循環するピアノでは乾燥剤は意味がなく除湿器の設置が有効です。

 

本来のメンテナンスは?

納品前に丁寧に調整されたピアノの場合、納入後のメンテナンスでも、出荷調整に準じた調整をしてから調律を行い最後に仕上げで演奏者の好みの音色に整える整音しますが、作業時間は半日程度になりますが、これだと個々のピアノが持つ本来の高い性能(タッチ、音色)が維持できます。



メンテナンス費用は?

本来の定期メンテナンスは整調・調律・整音の3つをセットで行うので半日の作業時間が必要ですが、従来の調律だけのメンテナンスより若干高額になり1回2万5千円~3万円になります。
※基本的にUP、GP、国産、輸入問わず同一料金です。(浜松ピアノ店)

※出荷調整とは?

工場で完成したピアノを、納品前に技術者の手で鍵盤やアクション、ダンパー等の細部の動きの精度を高め、最後に全ての音色の粒をそろえる作業が出荷調整(整調・調律・整音作業)と呼ばれる作業(弊社では行います)で、一通りやるには、手慣れた技術者で3日間(8時間×3)の作業時間が必要です。

最近のメーカーの出荷調整の作業時間はスタインウェイで5時間、ヤマハのCクラスで2時間半に制限されて明らかに調整不足なので、足らずは販売店(弊社)が行う必要があります、

ピアノの調律とメンテナンス

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取