ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

中古ピアノが抱えるリスクとは?

中古ピアノの大半が中国に輸出され続け、今ではもう国内には、安価で程度の良い中古ピアノは少なくなってきており、その中古ピアノも何度も再販されたピアノ(所有者が代わった)が多く、使用頻度が高いので消耗部品の寿命が心配なピアノが多いのが実情です。

消耗したハンマーと新しいハンマー

※ピアノの消耗部品はハンマーやフェルト類、弦です。

しかも中古ピアノは安いことが魅力なだけに、消耗部品の交換は勿論、内部のメカニズムの調整が省かれているピアノが大半なので、表現力が劣り鍵盤も重くて弾き難く、特に筋肉がまだ未発達なお子様が弾くには不適当な中古ピアノが大半と云えます。

目に見えないリスクで高額な修理費用が必要なことも

新品から30~40年も経過するとピアノの弦を巻きつけているピンが緩んできて、俗にいうピンズルになり調律が短期間で狂うようになってきます。これはしばらく様子をみないとわからないので、ピンズルか否かはすぐには判断がつきません。

ピンズルのために新品に交換した弦と一回り太いピン

新品の高級品に交換したハンマー


ピンズルになるとピンを一回り大きいものに交換する必要があり、その際、弦も新しいものに交換します、作業効率が悪いので手間賃を含めると優に25万円以上の費用がかかります。さらにハンマー交換や傷んだフェルト交換まで入れるとアップライトでも50~60万円以上必要になります。

車のタイヤ交換と違い、ピアノの部品交換は全て手作業になるので、時間とコスト(お金)がかかります。

最近はピアノの先生も、古いピアノを新しく買い替えるのではなく、お使いのピアノを弦、ピン、フェルト類、ハンマー交換で古いピアノを再活用される方も出で来ているので、技術者不足もありリニューアル費用も最近は値上がりしてきています。

ちなみに現在のリニューアル費用の相場は、ホールのスタインウェイで300万円、家庭用で200万円、ヤマハのC3クラスのグランドで120万円ほどがリニューアル費用の相場になってきています。

ただ古いピアノでもきちんとリニューアル(消耗部品の交換)して丁寧に調整・整音を施せば、新品以上に魅力的なピアノの仕上がるはずです。


中古ピアノのメリット・デメリット


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary