ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

音色の聞き方(感じ方)は人それぞれのようです!

先日「生ピアノよりデジタルピアノの方が音色が良い」と仰る方がおられました。その訳をお尋ねするとデジタルピアノの音の方が音が澄んでいるからというお話でした。なるほどと感心しました。

今回の件で改めて考えてみると、デジタルピアノの音色やCDの音などは、あらかじめ耳障りな雑味を全て取り除いているので、そう考えると生ピアノよりデジタルピアノの音色の方が音が澄んでいると云えなくもないと妙に納得しました。

手書きの手紙よりもワープロで打った手紙の方が読みやすくて良いという意見にも似てるように思え、それも一理あるなとも考えました。

現物のピアノは、どんな高級ピアノでも雑音を含めて音が出ているので、小さな雑音の部分にいつも意識を集中していると徐々に意識が拡大してくるので、そのうちその小さな雑音が気になってしようがないということも言えます。

たとえば調律師は音のうなりを聞いて調律していますので、多分、普通の人より音のうなりに対しては敏感で、少しでも調律が狂っていると気になるようですが、逆にジャズピアノをやる人は少々調律が狂っていてもそれなりに受け入れて、その狂いそのものも含めてピアノを楽しんでいるようにお見受けします。





ちなみに私はロックやジャズをよく聴きますが、自身の聞き方を分析してみると、どうもベースが好きなようでベースラインを追っている自分に気がつきます。

お子様にはどんなピアノを選んだら良いか

間違いだらけのピアノ選び


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。



無料資料の詳しいご案内はこちらから


無料資料のお申込みはこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取