ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

購入者の声 ご購入ピアノ ファツィオリ Red Elm Briar

最高のピアノを考えてファツィオリピアノを選択

香川県高松市 / 灘波 様  



灘波様は、36歳でピアノを習い始めたそうですが、10年ほど続いた頃からグランドピアノが欲しいと思うようになり、せっかくなら最高のピアノをと、色々なメーカーのピアノを試弾され、数年悩んだ末(家が1軒建つほどの高価なピアノですからね。灘波様談)ようやく決心がつき、イタリアのファツィオリ(FAZIOLI)に決めたそうです。

灘波様は、ボランティアで高松国際ピアノコンクールのお世話をされており、その時に聴いたファツィオリの素晴らしい音色が心残ったそうです。

ちなみにファツィオリピアノは他の高級ピアノと違い、年産120台という極少量生産のイタリアの高級ピアノですので、四国では今のところ、高松市のこの1台と、他には高知市と松山市の各1台納品されているくらい貴重なピアノです。

そのようなファツィオリピアノですが、このピアノをご自身のためだけでなく、高松国際ピアノコンクールに出場する若いピアニストや、これから期待される子供たちにも弾いて頂きたいそうです。

ファツィオリピアノのご購入者の声

お薦めブランド ファツィオリ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary