ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

グランドピアノとアップライトピアノの違いについて

アップライトのメリットは場所を取らない、製造コストがグランドの約半分の2点ですが、メカニズム的にはグランドの方が断然優れています。

アップライトは背が高い分演奏者に圧迫感があり、演奏者側はケースで蓋をした状態で音は後ろ(壁側)に抜けますので、出ている音のエネルギーはグランドとほぼ同じですが、演奏者には音が籠って聞こえます。

グランドピアノは水平で背が低く演奏者に圧迫感を与えず、音も上下に抜けるので気持ち良く、必要なら天屋根を開けて遠くに音を飛ばすことができます。

メカニズム的な違いですが、アップライトは鍵盤を一番下まで押し下げた状態から、元の高さ(10mm)まで鍵盤を上げないと2回目の音を出すことが出来ませんが、グランドピアノは鍵盤を押し下げた状態から半分位上げたところで2回目の音を出すことが出来ます。

結果として連打がアップライトピアノは1秒間に7回、グランドピアノは1秒間に14回連打が可能になりますが、これはグランドピアノにレペティションレバーシステムという機能が備わっているためです。

さらに、グランドピアノはダンパーペダル、ソフトペダルも自然に機能して、演奏者の細かいテクニカルな表現が可能です。

ところで同予算でグランドとアップを考えた場合、純粋にピアノのより良い(上質な)音色と響きを楽しみたいということを重視すれば高級(高品質)なアップライト、それよりも高度な演奏テクニックや表現力を重視すればグランドピアノの選択になると思います。

この境界線が大体ご予算200万円前後で、200万円以上のご予算の場合は、スペースが許す限り大概はグランドピアノの選択になります。

物理的な違いは概ね前述の通りですが、視点を変えて見ると、ピアノを大切な一生の楽器として考え(良質なピアノを所有する喜び)、自宅でさりげなく良い音色や響きでピアノ演奏を楽しみたいという向きには、今でも伝統的手法で製作されている上質な純ヨーロッパ製のアップライトピアノも一つの選択肢かも知れません。

グランドピアノとアップライトの違いを動画で簡単に紹介しています。

アップライトの打弦メカニズム

グランドの打弦メカニズム


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取